スポラバ

レイ・アレンのヒートを救った2013年ファイナルの伝説的クラッチショット!



 

http://www.nba-stars.com/legend/ray-allen-heat/

ray-allen

 

ミルウォーキー・バックス
シアトル・スーパーソニックス
ボストン・セルティックス

上記3チームでルーキーの頃から中心選手としてプレイしてきたレイ・アレンが
マイアミ・ヒートに移籍してからはシックスマンとしての役割を
受け入れチームの優勝に大きく貢献したことは記憶に新しいことと思います。

バックス時代の平均得点は19.6得点
スーパーソニックス時代は24.6得点
セルティックス時代は16.5得点
とチーム状況によってきっちりと自分の役割を理解し
セルフィッシュなプレイをしないあたり、まさにプロですよね。

今回はそんなレイ・アレンが2013年NBAファイナル・第6戦で
ヒートを窮地から救ったクラッチショットを振り返りたいと思います。

 

つづきはこちら

http://www.nba-stars.com/legend/ray-allen-heat/

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼