スポラバ

亡くなったラグビー界の若きレジェンドに捧げた男気全開の涙の「ハカ」が感動的すぎた。



 

http://news.aol.jp/2015/12/05/haka/

1

 

若くして亡くなったラグビー界のレジェンドを追悼するために、
元チームメイトたちが披露した”ハカ”が「感動的すぎる」と話題になっている。

ラグビー元ニュージーランド代表にしてオールブラックスのジョナ・ロムー選手が、
2015年11月18日に40歳の若さで死去。
スタジアムで行われた彼の追悼式で、元チームメイトらが伝統的なハカを披露した。

ハカといえば、ニュージーランド先住民であるマオリ族の民族舞踊だが、
オールブラックスが国際試合前に踊ることで知られている。

元チームメイトらは悲しみをこらえ、
彼の棺がフィールドに運ばれるあいだ、
力強い雄叫びを上げ、足を激しく踏み鳴らし、お別れのハカを舞った。

 

つづきはこちら

http://news.aol.jp/2015/12/05/haka/

 

スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼