スポラバ

昨季の新人王、アンドリュー・ウィギンスが因縁のキャブス相手にキャリアハイの35得点!



 

http://tunadrama.com/blog/wiggins-gets-career-high-35-against-cavs/

454a48031da6c97cec9ee0b778adf8f4-620x350

 

2014-15シーズンの新人王に輝いたミネソタ・ティンバーウルブズのアンドリュー・ウィギンスが、
現地8日にターゲットセンターで行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦で35得点をマーク。

試合には125-99で惨敗したものの、
フィールドゴール19本中12本成功の効率的なオフェンスでスコアを伸ばし、
自己キャリア最多得点記録を更新した。

2014年のドラフトで1位指名を受けた直後に、
ケビン・ラブとのトレードでミネソタへと放出されたウィギンスだが、
もしかすると手放したことを後悔させてやろうという気持ちが強いのか。

キャブス戦になるとアグレッシブさが増している印象で、
これまでの直接対決3試合では、キャリア平均を大幅に上回る数字を記録している。

 

つづきはこちら

http://tunadrama.com/blog/wiggins-gets-career-high-35-against-cavs/

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼