スポラバ

究極の掟破り!1974年W杯におけるザイール代表選手のありえないFK封じが凄まじい!



 

http://news.aol.jp/2016/01/10/hwz_zaire/

1 (3)

 

アフリカ勢のパイオニアとして
1974年西ドイツ大会でワールドカップ初出場を果たしたザイール共和国(現・コンゴ民主共和国)
試合は1次リーグで3連敗、1点も得点できずに終わったが、
サッカー史上に残る珍プレーで爪あとを残したことでも知られる。

グループリーグ最後の試合、2戦目のユーゴスラビア戦で0-9と惨敗し、
トーナメント出場はすでになかったザイールだが、
3戦目の強豪ブラジル戦においてその”奇跡”のプレーは起きる。

 

つづきはこちら

http://news.aol.jp/2016/01/10/hwz_zaire/

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼