スポラバ

ジェームズ・ハーデンがロケッツであのオラジュワン以来の記録を達成!



 

http://www.nba-stars.com/news/james-harden-15rebtripledouble/

James-Harden-ties-Hakeem-Olajuwon-for-the-most-consecutive-20-point-games-to-begin-a-postseason-14-i

 

2014-15シーズンは56勝26敗でウェスタンカンファレンス2位につけた
ヒューストン・ロケッツですが、今季はここまで24勝22敗で
カンファレンス7位とシーズン中盤に入ってもなかなか浮上する
きっかけをつかむことが出来ずにいます。

そんな中、ジェームズ・ハーデンは得点(27.6得点)と
アシスト(6.9アシスト)でチームトップのスタッツを残しています。
試合出場時間もリーグ最長となる1684分。
フィールドゴール試投数も864本で1位。
フィールドゴールをミスした数も499本で1位。
フリースロー試投数(455本)も成功数(392本)もリーグトップ。
ターンオーバーの数(207本)で1位ですね。

ディフェンスに関してはあれこれ言われていますが
得点部門ではステフィン・カリーの30.1得点に次いで
リーグ2位の成績で相変わらずのスコアリングマシンぶりを発揮しています。

ハーデンはここ3試合で2度目のトリプルダブルを達成しました。
それではこの試合のハーデンのハイライトプレイを動画でチェックしましょう。

 

つづきはこちら

http://www.nba-stars.com/news/james-harden-15rebtripledouble/

 

スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼