スポラバ

【速報】とまらない!錦織がラオニッチ下し2週連続優勝!!!/決勝詳細



<テニス:楽天ジャパン・オープン>◇5日◇東京・有明コロシアム◇シングルス決勝

世界ランキング7位の錦織圭(24=日清食品)が同8位ミロシュ・ラオニッチ(23=カナダ)を7-6、4-6、6-4で下し、2年ぶり2度目の優勝を飾った。

 

試合後に涙をみせた錦織は「信じられない。日本のみなさんの後押しがあって、限界を乗り越えて戦えた」と喜んだ。相手のラオニッチは時速230キロ近いサーブを打ち込んでくるビッグサーバー。勝負を決めた最後のゲームまで相手のサービスゲームをブレークできなかったが「4-3ぐらいから頭がどっかいっちゃってて何考えているか分からないくらいだった。ボールに食らいつくことだけ考えてやっていた」と苦しい内容を振り返った。

これで世界ランキングは自己最高を更新する6位となる。いよいよ11月のツアー最終戦出場が現実となってきた。

 

優勝した錦織(右)と準優勝のラオニッチ(AP)
錦 織 7-6
4-6
6-4
ラオニッチ

第3セット 錦織6-4ラオニッチ

【第10ゲーム】 錦織6-4ラオニッチ

錦織がネットに出て先取。次もラインぎりぎりに入れて0-30(ラオニッチがチャレンジ失敗)。0-40とマッチポイントとしてから1ポイントを取られたが、最後はラオニッチがネットにかけて錦織がブレーク。2年ぶり2度目の優勝を決めると、緊張が解けた錦織は涙をこらえ切れず。スタンドのマイケル・チャン・コーチらスタッフの元へ歩み寄って喜び合った。

錦織はラオニッチに勝利し両手で顔をおおう

【第9ゲーム】 錦織5-4ラオニッチ

錦織がストローク戦をことごとく制し、ラブゲームでキープ。

【第8ゲーム】 錦織4-4ラオニッチ

赤のウエアに着替えた錦織が2ポイント連取。しかしラオニッチは229キロのサービスエースなどでばん回してキープ。

【第7ゲーム】 錦織4-3ラオニッチ

錦織が40-0から追いつかれてデュースに。しかしここも切り抜けてキープ。試合時間は2時間を超えた。

【第6ゲーム】 錦織3-3ラオニッチ

ラオニッチが20、21本目のサービスエースなどでキープ。

【第5ゲーム】 錦織3-2ラオニッチ

錦織は40-15のリードからラオニッチのドロップショットでデュースに持ち込まれたが、ここはキープ。

【第4ゲーム】 錦織2-2ラオニッチ

ラオニッチが221キロのサービスエースなどラブゲームでキープ。

【第3ゲーム】 錦織2-1ラオニッチ

錦織が15-30とリードされたものの逆転でキープ。

【第2ゲーム】 錦織1-1ラオニッチ

ラオニッチのチャレンジが失敗し、錦織が15-40と初めてブレークポイントを握った。デュースに持ち込まれたが、ここはラオニッチがサービスエースでキープ。

【第1ゲーム】 錦織1-0ラオニッチ

錦織のサーブでスタート。簡単にラブゲームでキープした。

第2セット 錦織4-6ラオニッチ

悔しそうな表情を浮かべるラオニッチ

【第10ゲーム】 錦織4-6ラオニッチ

ラオニッチがサービスエースなどで簡単にセットポイントを奪い、最後は40-15から再びサービスエースで決めた。ラオニッチが第2セットを取り返し、勝負は最終セットに持ち込まれた。

【第9ゲーム】 錦織4-5ラオニッチ

錦織は30-30と粘られたが、40-30からサービスエースでキープ。

【第8ゲーム】 錦織3-5ラオニッチ

リズムをつかんだラオニッチはラブゲームでキープ。2ゲームをリードする。

【第7ゲーム】 錦織3-4ラオニッチ

15-15から錦織がサーブのアウト判定でチャレンジ。成功してやり直しのポイントを奪う。30-40の相手のブレークポイントから3度デュースの後、錦織がネットにかけ、ラオニッチが初めてブレーク。

【第6ゲーム】 錦織3-3ラオニッチ

ラオニッチがサービスエース2本を決めるなどでキープ。

【第5ゲーム】 錦織3-2ラオニッチ

錦織が30-40とブレークポイントを握られたが、デュースに持ち込み、長いラリーからキープ。

【第4ゲーム】 錦織2-2ラオニッチ

錦織が巧みなリターンで0-30とするも、ラオニッチが229キロのサーブ連発で40-30に。最後はフォアハンドのウィナーを決めてラオニッチがキープ。

【第3ゲーム】 錦織2-1ラオニッチ

錦織が40-0からのサーブをラオニッチが返せず、ラブゲームでキープ。

【第2ゲーム】 錦織1-1ラオニッチ

ラオニッチがラブゲームでキープ。

【第1ゲーム】 錦織1-0ラオニッチ

錦織のサーブでスタート。デュースに持ち込まれ、1度はブレークポイントを握られたものの、そこから連取でキープ。

第1セット 錦織7-6ラオニッチ

【タイブレーク】 錦織7-6ラオニッチ

ラオニッチのサーブから。錦織がフォアハンドのダウンザラインで先取。2-0から交互に取り合い、4-2でコートチェンジ。ラオニッチが3連続ポイントで4-5に。錦織は自らのサーブで2ポイント奪い6-5とセットポイント。相手の強烈なサーブをかろうじて返すと、次のショットをフォアのクロスショットでウイナー。錦織が第1セットを奪った。

【第12ゲーム】 錦織6-6ラオニッチ

錦織が危なげなくラブゲームでキープ。タイブレークに入った。

【第11ゲーム】 錦織5-6ラオニッチ

ラオニッチのサーブを錦織が3本連続で返せず、最後もエースで決めてラオニッチがキープ。

【第10ゲーム】 錦織5-5ラオニッチ

錦織も初のダブルフォールトがあったものの、厳しいコースへショットを連発し、錦織がキープ。

楽天ジャパンオープン決勝でラオニッチにショットを返す錦織

【第9ゲーム】 錦織4-5ラオニッチ

ラオニッチが初のダブルフォールトなどで0-30となったが、チャレンジに成功したサービスエースなど30-30に。バックハンドのクロス、サービスが決まり、ラオニッチがキープ。

【第8ゲーム】 錦織4-4ラオニッチ

錦織が40-15からラオニッチのショットが外れて錦織がキープ。

【第7ゲーム】 錦織3-4ラオニッチ

ラオニッチの40-0からのサーブを錦織が返せず、ラブゲームでラオニッチがキープ。

【第6ゲーム】 錦織3-3ラオニッチ

錦織の40-0からラオニッチのレシーブがネットにかかり、錦織がキープ。

【第5ゲーム】 錦織2-3ラオニッチ

ラオニッチが40-15からキープ。

【第4ゲーム】 錦織2-2ラオニッチ

錦織が40ー15からバックハンドのクロスをラインぎりぎりに決めてキープ。ラオニッチは1度チャレンジしたが失敗。

【第3ゲーム】 錦織1-2ラオニッチ

ラオニッチが40-30からサービスエースを決めてキープ。

【第2ゲーム】 錦織1-1ラオニッチ

錦織が40-15からラオニッチのレシーブがアウト。錦織がキープ。

【第1ゲーム】 錦織0-1ラオニッチ

ラオニッチのサーブからスタート。まず228キロのサービスエースで始まり、ラオニッチがラブゲームでキープした。

 雨のため有明コロシアムは屋根を閉めての試合開催。錦織のウエアは黒(袖は赤)のボーダー、ラオニッチは黄色。

 引用元 日刊スポーツ





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼