スポラバ

【保存版】スラムダンク高校全選手データ一覧(もちろん分かる範囲w)



あの名作SLAMDUNK(スラムダンク)の全高校全選手データ一覧【背番号順】をまとめてみました。

スラムダンク知らない人はこちらで

湘北高校

#4 3年 赤木剛憲

「ベスト8を狙うわけにはいきません。全国制覇が私の夢です」

「ベスト8を狙うわけにはいきません。全国制覇が私の夢です」

・出身校 北村中
・誕生日 5月10日
・身長 197cm(入学時193cm)
・体重 97kg(入学時88kg)
・神奈川県ベスト5。
・1試合平均25.3得点、12.3リバウンド、4.0ブロック(神奈川県予選+豊玉戦)。

「ゴリ」。湘北バスケ部キャプテンで、チームの大黒柱。 ものすごい素質を持ち、実力的には県内屈指のプレイヤーでありながら、 チームメイトに恵まれず埋もれ続けてきた男。夢は全国制覇。妹に晴子がいる。

 

#5 3年 木暮公延

「大人になれよ…三井… !!」

「大人になれよ…三井… !!」

・出身校 北村中
・誕生日 7月12日
・身長 178cm 体重 62kg

 

「メガネ君」。湘北バスケ部の副主将を務める。 見た目どおりの優等生タイプで、運動は苦手。 バスケは体力をつけるために中学から始める。 影の薄いベンチ要員と思われがちだが、赤木と二人三脚で湘北を支えてきた立役者であり、 チームを思う気持ちは誰よりも熱い。

 

#6 2年 安田靖春

「1本!! 1本!!じっくり!!」

「1本!! 1本!!じっくり!!」

・出身校 谷○中
・誕生日 3月28日
・身長 164cm

「ヤス」。地味だがミスのない正確なプレイで チームをサポートする。ポジションはポイントガードで、 宮城復帰後は控えとなる。意外と度胸がある。

 

#7 2年 宮城リョータ

「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!」

「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!」

・出身校 立○中
・誕生日 7月31日
・身長 168cm 体重 59kg
・1学期末テスト、赤点4つ以上。追試で通る(赤点4つ以上はIHには行けない規則)。

「リョーちん」。湘北のポイントガード(PG)にして切り込み隊長。 上背はないがスピードとクイックネスは相当のもので、PGとしては県内でも五指に入る実力者。 三井らと喧嘩沙汰を起こし入院していたが、のちに復帰する。 湘北バスケ部問題児軍団の一人。トレードマークは左耳のピアス。

 

#8 2年 潮崎哲士

「本物の山王工業だ・・・」

「本物の山王工業だ・・・」

・出身校 谷○中

「シオ」。陵南との練習試合でスタメン出場を果たして以後、 特に目立った出番はない。安田や角田とは中学からの付き合い。

 

#9 2年 角田悟

「桜木はすごいのとやってるよ………」

「桜木はすごいのとやってるよ………」

・出身校 谷○中
・誕生日 11月4日
・身長 180cm

「カク」。湘北2年生の中で最も高い身長を誇るが、 試合出場の機会は少ない。山王戦では桜木の代理として一時出場を果たした。

 

#10 1年 桜木花道

「天才ですから」

「天才ですから」

・出身校 和光中
・誕生日 4月1日
・身長 189.2cm(入部当初は188cm) 体重 83kg
・バッシュ エアジョーダンVI(30円で購入)、エアジョーダン(100円で購入)
・1学期末テスト、赤点7つ(現国36点、数学9点、生物不明の他、14点、7点、30点、19点)。 追試でギリギリ通った(赤点4つ以上はIHには行けない規則がある)。

赤い髪の主人公。湘北バスケ部問題児軍団の一人。晴子に憧れてバスケ部に入部。 初心者ながら、持ち前の運動能力と根気強さ、顔に似合わぬ呑み込みの早さで 目まぐるしい成長を遂げていく。自称「天才」の熱血バスケットマン。
「単純王」「馬鹿王」「赤点王」「神奈川の退場王」など別名は様々。 中学3年間で50人にフラれた哀しい過去を持つ。

 

#11 1年 流川楓

「1つ教えといてやるぜ。バスケットは算数じゃねぇ」

「1つ教えといてやるぜ。バスケットは算数じゃねぇ」

・出身校 富ヶ丘中
・誕生日 1月1日
・身長 187cm 体重 75kg
・趣味 寝ること
・神奈川県新人王&ベスト5。
・県予選 個人得点第2位(1試合平均30点)。
・全日本ジュニア選抜メンバー。
・1学期末テスト、赤点4つ以上。追試で通る(赤点4つ以上はIHには行けない規則)。

「キツネ」。湘北のエース。 「10年に1人の逸材」とも言われる天才プレーヤーで、 中でも外でも点がとれるオフェンスの鬼。 ただし自分の力しか信用しない天上天下唯我独尊男でもあり、 協調性に欠ける点が玉に瑕。湘北バスケ部問題児軍団の一人。
無愛想でバスケ以外に興味はないが、端麗な容姿とその魅力的なプレイで、 彼の追っかけも存在するほど。晴子の憧れの存在であり、桜木にとっては憎むべきライバル。 常に無表情だが、実はすっごい負けず嫌い。口癖は「どあほう」。
「上手くなりたい」という理由で安西監督にアメリカ留学を打診するも、反対される。 それは不本意だったが、「日本一の高校生」になるという明確な目標を得たことで、 流川の思いはふっきれ、これがさらなる成長へとつながる。

 

#12 1年 石井健太郎

「本当に17歳ですかあなたは !?」

「本当に17歳ですかあなたは !?」

・出身校 大塚二中
・誕生日 1月18日
・身長 170cm

桜木・流川と同期入部の1年生。坊主頭とメガネとマッチ棒のような 細長い体が特徴的。実力的にはまだまだだが、彼のセリフと行動には目が離せない。

 

#13 1年 佐々岡智

 

「桜木君もいく?」

「桜木君もいく?」

・出身校 大塚二中
・誕生日 10月13日
・身長 171cm

湘北の1年生部員。さらさらヘア。目立った活躍がないにもかかわらず、 陵南との練習試合では桜木にユニフォームを剥奪されるなど、何かと不運な男。

スポンサーリンク

 

#14 3年 三井寿

「静かにしろい この音が・・・・・・オレを蘇らせる何度でもよ」

「静かにしろい この音が・・・・・・オレを蘇らせる何度でもよ」

・出身校 武石中
・誕生日 5月22日
・身長 184cm(入学時は176cm) 体重 70kg(入学時は63kg)
・中学3年時に神奈川県 最優秀選手賞(MVP)を獲得。
・1学期末テスト、赤点4つ以上。追試で通る(赤点4つ以上はIHには行けない規則)。

「ミッチー」。中学時代にMVPを獲得した3Pシューター。 安西監督に憧れ湘北に入学するも、ひざの怪我と同級生・赤木の活躍を目の当たりにし挫折。 不良とつるむようになり、長くバスケから遠ざかっていた。現在は復帰。 湘北バスケ部問題児軍団の一人であり、 きれいなフォームと巧さを兼ね備えたシューティングガード。

 

#15 1年 桑田登紀

・出身校 藤園中出身(第2巻では「(大塚)二中出身」に)
・誕生日 7月28日
・身長 162cm 体重 50kg

湘北の1年生部員。天然パーマ。

 

#16 1年 謎の1年

陵南高校

#4 3年 魚住純

「オレはチームの主役じゃなくていい」

「オレはチームの主役じゃなくていい」

・身長 202cm(1年夏の時点では199cm) 体重 90kg
・苦手なモノ フリースロー
・将来の夢 板前

「ボス猿」。陵南バスケ部のキャプテン。 赤木のライバルであり、彼の最大の理解者。2メートルを超す大男で、 体を張ったプレイが得意。中学時代から「ビッグ・ジュン」と呼ばれ恐れられていた。
県内で一番大きい中学生として陵南に入学するも、 当初は基礎練習にもついていけず「ただデカイだけ」とバカにされた哀しい過去を持つ。 田岡監督の説得で退部を踏みとどまり、その後の猛練習で県内屈指のセンターに成長した。

 

#5 3年 池上亮二

「仙道の奴 昔に戻る気だな・・・!!」

「仙道の奴 昔に戻る気だな・・・!!」

・身長 183cm

陵南の3年生部員。前髪を固めたリーゼントヘアが特徴的。 ディフェンスに定評がある。けっこうアッサリした性格。

 

#6 2年 越野宏明

「絶対勝ってやるぜ・・・!!」

「絶対勝ってやるぜ・・・!!」

身長 174cm 体重 62kg

陵南の2年生部員。一番負けん気が強く、チームを盛りたてる存在とされる。 ただ、三井曰く、ディフェンスは「チョロい」。やや挑発に乗りやすい一面も。

#7 2年 仙道彰

「やっぱ勝負はこうでなくちゃいかん」

「やっぱ勝負はこうでなくちゃいかん」

身長190cm 体重79kg
・趣味 釣り
・神奈川県ベスト5。
・山王の沢北と中学時代に一度だけ対戦したことがある。

陵南のエース。常に沈着冷静でマイペースの天才プレイヤー。 卓越したオフェンス能力以外にも、視野の広さ、ノーマークの味方を見つける才能、 ゲームメイキングの才能、パスセンスなど、天才的な才能はプレイの随所に見受けられる。 勝負所を的確に見極め、そこで最高の仕事をしてチームを勝利へと導く。 魚住引退後、陵南の新キャプテンに就任する。
田岡監督により東京の中学からスカウトされ、陵南に入学。 高校の公式戦では47得点という驚異的な数字を残す。 1年時はバリバリの「点取り屋」だったが、パスに面白みを見出しポイントガードに転向。 県内No.1プレーヤーである牧にも肩を並べるほどまでに成長する。

#8 2年 植草智之

「動きがよくなったぞこいつ・・・!!」

「動きがよくなったぞこいつ・・・!!」

身長 170cm 体重 62kg

陵南の2年生部員。派手さはないが、ミスが少なくバスケットをよく知っている選手。

#11 2年 菅平

「だめだ高い!!」

「だめだ高い!!」

魚住の代わりの控えセンター。 あの高砂にさえ「(赤木のマークは)荷が重過ぎる」と評されるほどなので、 よほどマズイ様子。これからの陵南は、ある意味菅平の成長に 掛かっているといっても過言ではない。

#13 2年 福田吉兆

 

  • 「もっとホメてくれ」

「もっとホメてくれ」

・身長 188cm 体重 80kg
・不得意なモノ ディフェンス、ミドルシュート
・神とは「フッキー/ジンジン」と呼び合う仲。

「フクちゃん」。陵南の2年生部員。 ディフェンスは隙だらけだが、何が何でもボールをリングに入れまくる オフェンス力はずば抜けており、ガムシャラで粘り強いプレイが得意。 顔もなんか粘り強い。プライドが高く、顔に似合わず繊細な心の持ち主。
神と同じ中学の出身。バスケは中2の終わり頃から始め、猛烈な勢いで成長を遂げ、 陵南に入学。「叱って伸ばした方がいい」という田岡監督の判断が裏目に出、 1年の終わりにいわゆる「ほわちゃあ事件」で無期限部活禁止処分となる。 現在は復帰。陵南には欠かせないスコアラー。

 

#15 1年 相田彦一

「お前なんか仙道さんの足元にも及ばへんわドアホ!!」

「お前なんか仙道さんの足元にも及ばへんわドアホ!!」

・身長 165cm
・最も尊敬する先輩 仙道彰
・県内一の要チェック人物 牧紳一

陵南の1年生部員。バスケの実力は未熟だが、 編集記者の姉譲りの優れた観察力を持つ。敵の視察は欠かさないマメな性格。 口癖は「要チェックや」。出身は大阪。

海南高校

#4 3年 牧紳一

「まだ甘い・・・」

「まだ甘い・・・」

・身長 184cm 体重 79kg
・神奈川県 最優秀選手賞(MVP)&県ベスト5。

「じい」。海南大付属バスケ部のキャプテン。 宮城に勝るとも劣らないスピードと、赤木とも渡り合えるパワーを兼ね備えた、 神奈川No.1プレイヤー。海南大付属がスローガンに掲げる「常勝」の体現者であり、 同校17年連続IH出場の立役者。
1年の時から怪物と呼ばれ、常にトップを走り続けてきた男。 それでいて勝ちに対してハングリーで、決して自分に妥協しない。 相手の弱みは徹底的に突き、それでいて挑まれた勝負には臆せず立ち向かう。 王者・海南大付属の象徴たる存在。
色黒。年上に見られがちなところを気にしている。

#5 3年 高砂一馬

「あいつを素人とは考えない。赤木級のプレイヤーのつもりであたる」

「あいつを素人とは考えない。赤木級のプレイヤーのつもりであたる」

・身長 191cm 体重 81kg

海南大付属のセンター。サイズ・パワーともに赤木や魚住に劣るが、 「巧さ」を持っている。初心者の桜木と対戦した際も、 その実力を素直に認め、頭の中を瞬時に切り替えて器用に対応した。 桜木のパスミスを誘ったのも、彼の「巧さ」の証?

#6 2年 神宗一郎

「待ちくたびれましたよ… !!」

「待ちくたびれましたよ… !!」

・身長 189cm 体重 71kg
・神奈川県ベスト5。
・県予選 個人得点第1位(1試合平均 30.3点)

海南大付属の2年生部員。内に秘めた闘志ときれいなシュートフォームを持つ3Pシューター。 高いシュート成功率は、欠かさず続けている一日500本のシュート練習が築き上げた結晶の証。 「一度入りだすと止まらなくなる」と自ら語る。
中学時代のポジションはセンター。陵南の福田とは中学時代の同級生。

#8 2年 小菅

海南の控え選手。『ジャンプ アニメ ライブラリー映画編 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道』の設定資料では、今中(いまなか)という名前が設定されていた。
湘北戦では前半途中に宮益との交代で途中出場し、後半開始前に神と交代するまで得点はなかったものの、馬宮西戦ではジャンプシュートを決めるシーンが描かれている。原作では陵南戦前の集合時に福田の様子を見ていた神に呼びかけ、「知ってるのか」と問い掛けた。アニメでは、武園戦の試合中に武藤を呼び捨てにする場面があった。

#10 1年 清田信長

「王者・海南をなめんなあっ !!」

「王者・海南をなめんなあっ !!」

・身長 178cm 体重 65kg

「野猿(のざる)」。エース級の選手が集まる 海南大付属において、ルーキーながらスタメンを獲得した男。 横柄な態度と礼儀を知らない言葉遣いは玉に瑕だが、驚異的な身体能力と 破壊力を有していることも事実である。トレードマークは束ねた長髪。
桜木同様、流川をライバル視しており、試合に私情を挟むこともしばしば。

#15 3年 宮益義範

「う うるさいな いいから来い!」

「う うるさいな いいから来い!」

身長 160cm 体重 42kg

海南大付属の3年生部員。小柄で軽量、見た目ひよわ。 しかしシューターとしては素晴らしく、神を除けばチーム一番のシュート力を持つ。 何よりも2割も残らないとされる名門・海南のキツイ練習に耐え、ゼッケンを奪った男であり、 部員からの信望は厚い。
バスケは高校から始める。3年の夏まで試合経験はなし。

三浦大付属高校

#4 三年 村雨

 

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼