スポラバ

『直前会議』NPB、2014年ドラフト候補【特A選手】8選の全貌☆(プレー動画あり)



ペナントレースが終了し、次はCS、日本シリーズですね!

そして、10月24日にはドラフト会議があります!個人的には大好きなイベントです♫

またまた独断ですが、今年おそらく上位指名されるであろう【特A】選手の特集を組んでみました。

 

 

松本 裕樹

投手/ 外野手/  盛岡大付属高校 – 3年

右投左打 181.0cm72.0kg 神奈川県出身

 

 

最速150km/hのストレートを記録し、140km/h台のストレートを低めに投げられる投手。チェンジアップ、スライダー等の変化球も一通り投げ、打者のタイミングを外すピッチングが持ち味。

1年生で制球力の良いストレートを投げ141kmを記録。2年生の春のセンバツ大会では1回戦の安田学園戦で8回6安打9奪三振で3失点、2回戦の敦賀気比戦では2番手として4回2/3を1安打1奪三振無失点に抑えた。

打者としても通算54本の本塁打の打力も魅力。

スカウトの評価
福岡ソフトバンク・作山スカウト:「あの勝負強さは何か持ってる。潜在能力も高い」(2014/07/21)
千葉ロッテ・永野スカウト:「器用さや体の強さがある。安楽、高橋と双璧でしょう」(2014/05/27)
巨人・榑松スカウト:「初速と終速の差が少ない伸びのある球を投げている」(2014/05/27)

 

高橋 光成

投手/  前橋育英高校 – 3年

右投右打 188.0cm82.0kg 群馬県出身

188cmのきれいな腕の振りから投げ下ろすストレートはMAX149kmで角度があり、回転が良く低めに浮くようにストライクが取れる。スライダーやフォークの完成度も高く、コースにも空振りでも簡単にストライクが取れる。

1年夏に背番号14でベンチ入りすると、1年生の秋にはエースとなり、太田工戦では初回にストレートで2者連続三振を奪うと、2回以降は落差の大きなフォークを混ぜて6回まで毎回奪三振でノーヒットピッチング、7回に初安打を許したものの、9回は三者連続三振で締めて4安打15奪三振で1失点、無四球完投勝利を挙げた。

スカウトの評価

横浜DeNA・高田GM:「体が大きいし、魅力がある。故障を心配していた。去年に比べればまだ万全じゃないけど、あれだけ投げられれば問題ない」(2014/07/14)

千葉ロッテ・永野チーフスカウト:「一番の魅力は甲子園の時のように自分でゲームメークできて、勝てる投球ができるところ。素材の良さは既に実証されている。課題の直球がレベルアップして球威も良くなってきている。」(2014/07/14)

巨人・吉武スカウト:「立ち上がりが良かった。次戦が楽しみになった」(2014/07/14)

北海道日本ハム・今成スカウト:「少し上体に力みがあり、ばらつきもあった。しかし元々は質の高いボールを投げる投手。バント処理もいい。将来有望な投手である事は間違いない。」(2014/07/14)

中日・正津スカウト:「1つギアが上がった感じはある。5回を見る限りバランスが良くなってきている。体と腕の振りがあってきて、何球かいいボールもあった。(2014/07/14)

 

浅間 大基

投手/ 外野手/  横浜高校 – 3年

   右投左打 182.0cm72.0kg 東京都出身

中学時代に世界代表に選ばれた選手で、走攻守三拍子揃った選手でセンス抜群。
2年夏は桐光学園・松井裕樹投手からライトスタンドに試合を決めるホームランを放つと、甲子園では5打数5安打を記録した。高校通算31本塁打を放ち、長打とアベレージを備える選手。
横浜高校入学時は投手として期待されており、投げても139km/hのストレートにカーブ、スライダーを投げる。東京都出身で牛込一中学校では新宿シニアでプレーし、公式戦打率.548を記録。世界シニア大会の日本代表では4番を打ち2本塁打を放っている。
西の高濱(祐仁)、東の浅間が揃って横浜高校に入学すると1年生から代打で出場するなど期待されている。

スカウト評価

阪神・北村スカウト:「スター性、センスを感じるね」(2014/07/02:サンケイスポーツ記事)

 

高濱 祐仁

内野手/  横浜高校 – 3年

右投右打 182.0cm82.0kg 佐賀県出身

バッティング技術が優れていてパワーもある強打者!2年夏には桐光学園・松井裕樹投手からバックスクリーンにホームランを放ち勝利を決めた。 高校通算32本塁打。

佐賀県出身で高濱卓也(2007年阪神高校ドラフト1位)の弟。 小学校2年生で野球を始めると福岡県金田中学校では飯塚ライジングスターボーイズで30本以上のホームランを放った。3年生の時にジャイアンツカップで優勝している。
兄と同じく横浜高校に入学すると1年生で4番を任された。

 

岡本 和真

内野手/  智弁学園高校 – 3年

  右投右打 183.0cm97.0kg 奈良県出身

名門智弁学園で1年生春の県大会、近畿大会にスタメン出場し、2年夏の2回戦では場外に2本塁打を放つなど、強烈なパワーを持っている。2年生の1年間で48本塁打を量産したスラッガー。
3年生で出場したセンバツ大会では1回戦の鎮西戦で1試合2本塁打を記録した。 高校通算73本塁打五條市立五條東中学校(橿原磯城リトルシニア)でプレーし、2年時にジャイアンツカップに出場3番を打つ。(4番は大阪桐蔭 辻田大樹)
3年時には2011USSSA全米選手権大会の代表に選出されシニアJAPANの4番を打った逸材。
多くの誘いを受けたが智弁学園に進学すると、1年生の秋季大会で県大会で4番ファーストで出場し、橿原戦では勝ち越しのホームランなど1試合2本塁打を記録、秋季大会3本塁打を放った。

スカウトの評価

3月24日センバツ1回戦・三重戦で1試合2本塁打後、12球団のスカウトがコメント。
東京ヤクルトの鳥原チーフスカウト:「バレンティンの次の4番になれる素材。やっと見つけた和製大砲。高校時代の中田君より上」
東北楽天・早川スカウトグループマネージャー:「ボールを追いかけないで、自分のポイントで待つことができる。あそこまで飛ばすのは高校生では珍しい。」
中日・中田宗男スカウト部長:「体格も素晴らしいし、パワーとスイングスピードはずば抜けている。」
北海道日本ハム・山田GM:「待つ形がいいし、スイングがコンパクト。高校生で抑えるのは難しい。この状況で実力を発揮するのは難しいが、気持ちも強い」
横浜DeNA・吉田スカウト部長:「雰囲気がある。なかなかあそこまでは飛ばせませんから。」
埼玉西武・渡辺シニアディレクター:「注目を浴びている中、甲子園の初打席で打てるのはハートが強い証拠」 
埼玉西武・鈴木葉留彦球団本部長兼編成部長:「上位候補だね。久しぶりに右の大砲候補が出てきた。」
巨人・山下哲治スカウト部長:「パンチ力もミート力もあります。力任せにうっていないところにセンスを感じる」
阪神・佐野統括スカウト:「スイングは速いし、魅力のある選手。高校生でこれだけ振れる打者はいない」
広島・苑田スカウト部長:「インパクト力がとにかく強い。日本人の長距離砲がいないので、うまく育てば楽しみ」
千葉ロッテ・松本編成統括:「間違いなくドラフト1位候補・広角に打てて前捌きが大きいのはイ・デホみたい」
福岡ソフトバンク・永山スカウト部長:「タイミングの取り方が見事。以前よりよくなっている」
オリックス・中川チーフスカウト:「しっかり待てるところがいい。今年の中では、社会人、大学生を含めても打者としては一番いいものを持っているのでは」
巨人・渡辺スカウト:「上体が柔らかく、スイング能力が高いから飛距離が出る」
阪神・池之上スカウト:「関西で右の大砲と言えば、中田や中村。続くような存在になってほしい」(2014/03/14) 

安楽 智大

投手/ 内野手/  済美高校 – 3年

   右投左打 187.0cm87.0kg 愛媛県出身

入学直後に144kmを記録し、1年夏に既にエース格の投球を見せる。2年生春のセンバツ大会では初戦の広陵戦で延長13回232球を投げると決勝の5試合まで772球を投げた。甲子園で152km/hを記録した。
2年夏は予選で157km/hを記録し、球速を伸ばしている。バッティングもパワーあふれるスイングからサク越えを見せ、打撃でも注目されている。愛媛県松山市出身で、道後中学校では松山クラブボーイズでは秋山拓巳以上の逸材と騒がれた。済美に入学すると入学直後の144kmを記録しベンチ入りし、2012年夏の愛媛大会では松山商戦で4安打8奪三振で完封勝利を果たすと、今治西戦では3失点し敗れたものの148kmを記録した。
27回を投げて16安打31奪三振、四死球は11で7失点という内容だった。秋季大会では地区予選の松山東戦で1安打完封、続く愛媛大会で川之江戦では149kmを記録して3安打17奪三振で完封、松山商戦では内野安打2本に抑えて完封すると、準決勝の松山聖陵戦では延長14回を投げて11安打を打たれ5失点するも21奪三振を記録、ストレートは延長10回に151kmを記録するなど終盤でも140km台後半を連発した。四国大会では初戦の池田戦で132球を投げて6安打3失点の粘りの投球で勝利した。148kmで7奪三振を記録している。
続く準決勝の鳴門戦では152kmを記録したストレートで8回までに8者連続を含む15奪三振を奪っていたが、4-1とリードした9回に4失点し逆転サヨナラで敗れた。2年生春のセンバツ大会では初戦の広陵戦で152km/hをマーク、延長13回232球を投げて勝利した。その後右手に打球を受けるアクシデントもありながら決勝までの5試合772球を投げた。打球を受けたケガの影響で1カ月はノースローも春季大会では志願して投球すると、夏の大会では2回戦の帝京五戦で6安打14奪三振1失点完投で153km/hを記録すると、準々決勝の今治工戦では154km/hを、準決勝の川之江戦では157km/hを記録した。

 

スカウトの評価
○阪神・中村GM:「V字回復している。予想したよりも回復している」(2014.7.5)
○福岡ソフトバンク・永山勝アマスカウトチーフ:「素晴らしいピッチング。腕を振って投げられている。打者に向かっていく闘争心が素晴らしい。ドラフト候補として十分」(2014.7.5)5/10 MRT招待試合で7回4安打10奪三振無失点をした時のコメント
———————————————————-
○巨人・山下スカウト部長:「四国でも1回見たが、前回より良くなっている。スピードは143km/hでも質がいいし、いい角度で入ってくる。」○中日・中田スカウト部長:「6、7割の力でバランス良く投げている。肩の可動域の広さも相変わらず。こういうタイプは力を入れないと制球できない投手が多いが、あらためてポテンシャルの高さを感じた。」○千葉ロッテ・永野チーフスカウト:「投球フォームのバランスがいいから制球力が安定している。遅いボールでもフォームが崩れない。」○東京ヤクルト・鳥原チーフスカウト:「体のブレが無くなった。昔はパワーピッチングだけだったが、少しずつしなやかになってきている」

山崎 康晃

投手/  帝京高校 –  亜細亜大学 – 4年

   右投右打 176.0cm72.0kg 東京都出身

低めに伸びる151km/hの速球で、日米大学野球では4試合にリリーフ登板して1点も与えずMVPに輝いた。ナックル、スライダー、カット、ツーシームなど多彩な変化球も操る。

東京都出身で尾久八幡中学校時代はKボールの西日暮里グライティーズでプレー。全国大会に出場しストレートは139kmをマークしていた。

名門・帝京高校に進学すると3年生で150km右腕高島、2年生に145km右腕平原がおり、分厚い投手陣の中で成長し、2年生となった2009年には中継ぎとして登板するようになる。初先発は2009年夏の東京大会5回戦の修徳戦で、7回を3安打2四死球3奪三振で完封、コールド勝利した。
甲子園では準々決勝の県岐阜商戦、ビハインドの場面で登板し147kmのストレートで3回を無失点に抑えた。

3年になると、同年代の鈴木にエースナンバーを譲り、また後輩に怪物・伊藤がおり公式戦での登板機会はなかなかとずれなかったが、伊藤が不調となった2010年の夏の東京大会では1回戦の攻玉社戦で14奪三振完封、2回戦の六郷工科戦では7回参考ながら11奪三振で完全試合を達成した。
しかし5回戦の国士舘戦では3回で5安打を許して、チームは敗戦した。

大学では1年時より登板したが、東浜巨投手、九里亜蓮投手がいたため主にリリーフとして登板していた。3年春は九里投手が不調で1戦目の先発に抜擢される。秋は練習態度などを生田監督に指摘されベンチ入りからも外されたが、明治神宮大会では3試合8回1/3を投げてヒット3本、三振11を奪い無失点と、ドクター0ぶりを発揮した。

 

スカウトの評価

広島・苑田スカウト部長:「春よりいくらか腕の振りや体のキレも良くなっている。ドーンと速い真っすぐで押せば、持ち前の投球ができるはず」(2014/09/03)

阪神・中村GM:「非常にいい投手。クロスするストレートも良いし、変化球も多彩。大瀬良君とダブルところがある。当然1位で消える」(2014/04/07)
巨人・山下スカウト部長:「去年よりスピードが出ているし、変化球のキレも良い。見られたのは良かった」(2014/04/07)
オリックス・中川チーフスカウト:「バッターを見ながら投げられるタイプ。コントロールミスも少ない」(2014/04/07)

 

 

有原 航平

投手/  広陵高校 –  早稲田大学 – 4年

   右投右打 187.0cm90.0kg 広島県出身

高校1年時から長身右腕として注目されていた。2年夏に素質が開花するとエース格として登板しチームを決勝に導いた。
秋の大会でも活躍しセンバツに選出。センバツでは1回戦の立命館宇治戦で147kmをマーク。13奪三振で勝利すると、続く宮崎工業戦でも10奪三振で勝利した。準々決勝では2009年夏の覇者・中京大中京に勝利しチームを準決勝に導いた。大学では3年夏の練習試合で156km/hを記録すると、秋季リーグ戦は3勝1敗、防御率0.72と成長を見せた。ストレートに加え、シンカー、チェンジアップ、フォークなどの変化球のキレも良くなった。

 

スカウトの評価

○巨人・榑松伸介スカウト:「まだ5割くらいの力だと思うが、さすがの投球。調子が良ければ力で抑えるが、そうじゃなくても変化球を使って抑えられる技をもっている。」(2014.09.28)

○福岡ソフトバンク・永山アマスカウトチーフ:「変化球中心できっちり投げられていたし、肘は問題ないと思います。素材が素晴らしいですからとにかく元気な姿を見られて良かったです。直球も148キロ出ていたし、このぐらいでも十分でしょう。どこの球団も10勝ぐらいできると考えているのでは?」(2014.09.28)

○埼玉西武・奥園編成部長:「結構いろいろな球を投げていたし、捕手があれだけ要求したという事は、全く問題ないという事です」(2014.09.28)

○中日・中田スカウト部長:「目いっぱい投げていないけどいいのでは?力的な物は揺るぎない」(2014.09.28)

○阪神・佐野統括スカウト:「これだけ投げられれば」(2014.09.28)
○阪神・平塚スカウト:「直球はまだまだなんだろうけど、変化球のキレと制球はさすが」(2014.09.28)

—–
○阪神・中村GM:「投手として華がある。江川卓にダブる。未完成であることも魅力」(2014/04/26)
○北海道日本ハム・山田GM:「安定感がある。走者が出てからいい所に集められる。大きなミスが無くばらつきも無い」(2014/04/26)
○広島・苑田スカウト統括部長:「いつもどおり。今日は変化球がコースに決まっていた。」(2014/04/26)
○ドジャース・大慈弥スカウト:「最速は96マイル。左打者から空振り三振が取れるようになったのが、昨年と違うところだね」(2014/04/26)

 

 いや〜〜

どの選手もホレボレする逸材ですね!
24日が待ちどうおしいです!


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼