スポラバ

【NBA開幕特集】ドック・リバース体制は浸透したのか?ロサンゼルス・クリッパーズを要チェックやぁ〜!



8月12日に元マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマーがNBA史上最高額となる約20億ドルでチームを買収しオーナーとなることが正式に決定したロサンゼルス・クリッパーズ!

カンファレンス3位でプレイオフに進出し、惜しくもサンダーに敗れましたが、ドック・リバース新体制としての傷跡は残せたのではないでしょうか。

 

昨シーズンはブレイク・グリフィンの成長が見られたシーズンでした。

b0125022_1929478

グリフィンといえばダンク!

しかし、昨シーズンはダンクだけではなく、ミドルレンジのシュートの成功率もあがり、エースとしての真価を発揮していましたね。

背中の負傷でチームUSAの参加を辞退しましたが、順調に回復しているみたいなので問題はなさそうです。

クリッパーズといえば、クリス・ポールですね!

cp

バスケットIQが非常に高く、ゲームの流れを読むのが抜群にうまい!

クリス・ポールがチームにいるといないのでは全く違うチームになります。

毎年怪我に悩まされているので、今シーズンを怪我なくプレーできるかがNBAタイトル獲得に大きく関わってくると思います。

 

ドック・リバースHCは昨年オフにディフェンスの改善を提唱していましたが、昨シーズンのクリッパーズは平均101.0失点を記録しました。

dogreversw
ウェスタン・カンファレンスからプレイオフに進出した8チームの中では6位、プレイオフに進出した全16チーム中では12位という平均失点となっていますので、ドック・リバースHCの求めるところにはまだ至っていないと言えるでしょう。

今シーズンどれだけドック・リバース体制が浸透しているかにも注目ですね!

 

クリッパーズの開幕戦は30日のオクラホマシティ・サンダーとのホームゲームです。

プレイオフのリベンジなるかに注目です!

 

移籍情報

IN
DRAFT:
C.J.ウィルコックス (28位)
FA:
グレン・デイビス (再契約)
ジョーダン・ファーマー (LAL)
スペンサー・ホーズ (CLE)
ジャレド・カニングハム (SAC)
クリス・ダグラス-ロバーツ (CHA)
ジョー・イングルズ (Israel)
ヒド・ターコルー (再契約)
エクペ・ウド (MIL)
TRADE:
カルロス・デルフィノ (MIL)
ミロスラヴ・ラドゥリツァ (MIL)
OUT
FA:
ダレン・コリソン (→SAC)
ダニー・グレンジャー (→MIA)
ライアン・ホリンズ (SAC)
TRADE:
ジャレッド・ダドリー (→MIL)
WAIVED:
ウィリー・グリーン (→ORL)
カルロス・デルフィノ
ミロスラヴ・ラドゥリツァ
(引用:bfij.netより)
最後はクリス・ポールとブレイク・グリフィンのプレー集をお楽しみ下さい!
【クリス・ポールのプレーTOP10】

 

【ブレイク・グリフィンのダンク集】





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼