スポラバ

【速報】キリンチャレンジカップ、ジャマイカ戦の実況☆ゴール動画☆(日本最速で随時更新)



2014/10/10

19:25 / 試合会場:新潟デンカビッグスワンスタジアム

キリンチャレンジカップ


日本代表VSジャマイカ

 

SAL0276

 

サッカー日本代表は10日、ジャマイカ代表との国際親善試合に臨む。ハビエル・アギーレ体制の初陣となった9月の2連戦で勝利を挙げることができなかった日本代表。この試合では、アギーレジャパン初勝利の期待が懸かる。
注目は9月の2連戦を欠場した香川真司のプレーぶりだろう。ドルトムント復帰以降は徐々に調子を上げており、本来のキレを取り戻しつつある。指揮官はインサイドハーフでの起用を示唆しており、どのポジションで出場するかも試合のポイントになる。
対するジャマイカはFIFAランク100位と日本の48位を大きく下回るチームだが、個人技と身体能力を併せ持った曲者ぞろいの相手。来日メンバー18名中、プレミアリーグのレスター・シティで主将を務めるウェス・モーガンら13名が国外でプレーするなど決して侮れないチームだ。

◎スタメンの布陣

 

20141010JAMAICA2

 

【前半16分 日本】

左サイドで岡崎が素早いプレスバックからボールを奪うと、右サイドの本田へ展開。本田はさらに後ろを駆け上がってきた柴崎へ短いスルーパスでつなぐと、柴崎がゴール左へシュート! 一度はGKのファインセーブに阻まれるも、弾いたボールがDFノスワーシーに当たりゴールへ吸い込まれる。記録はオウンゴールだが、日本の華麗なパス回しから先制に成功

 

◎GOAL動画

 

 

 

SAL0281

 

アディショナルタイム1分

日本 1-0 ジャマイカで折り返し

 

◎前半戦ハイライト動画

 

SAL0274

 

日本は立ち上がりから冷静にボールをつなぎ様子をうかがっていたが、ジャマイカが前からプレスにこないと見るや、ボールスピードに強弱をつけた組み立てで徐々にジャマイカ陣内へ押し込んでいく。前半6分には絶好の位置でのFKから本田が直接狙うも、GKトンプソンのファインセーブに防がれた。その後も終始ジャマイカ陣内で試合を進める日本。すると前半16分、日本は最高の形で先制に成功する。左サイドの岡崎から右サイドの本田へつなぐと、さらに後ろを駆け上がってきた柴崎へ。柴崎のシュートはGKに阻まれるも、弾いたボールがDFに当たりゴールへ吸い込まれる。記録こそオウンゴールも、日本らしい素早いパス回しから先制に成功する。

 

SAL0275

 

これで余裕を持つことができた日本は、高い位置でボールを奪い続け試合のペースを握る。前半33分には本田が絶好のチャンスを迎えたが、これは決めることができない。ジャマイカが時より見せるカウンターにも守備陣が冷静に対応し、危なげなく前半を終えた。

 

2014101000766

 

では後半開始

 

【後半0分 ジャマイカ】11リチャーズOUT→10マトックスIN

【後半0分 ジャマイカ】16ロザOUT→9シートンIN

【後半14分 日本】9岡崎慎司OUT→19小林悠IN

【後半14分 日本】交代出場の小林は3トップの右。武藤が中央、本田が左サイドへそれぞれポジションを移す

【後半19分 ジャマイカ】8フィンレイソンOUT→12グレイIN 

【後半29分 日本】14武藤嘉紀OUT→11柿谷曜一朗IN

【後半30分 ジャマイカ】14グラントOUT→18ベンボーIN

【後半43分 日本】5長友佑都OUT→21太田宏介IN

【後半45分 日本】10香川真司OUT→22田口泰士IN

 

アデショナルタイム3分

 

【試合終了】1-0でアギーレジャパン初勝利

aflo_MRVA101612

 

◎後半ハイライト動画


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼