スポラバ

【野球のセオリーの疑問】実は左投手も左打者が苦手なんじゃないの!?



昔の高校野球は、「水を飲むな」投手たちは「投手は肩を冷やすな」を金科玉条のごとく守っていた。

いずれの「教訓」も、いつ、誰が、何を根拠に言い出したかわからないもので、とても長い年月にわたって、なぜかみんなが何の疑いもなく信じて、その通りにしてきたものだ。

今となっては、さかのぼっても由来は定かではないのだろうが、こうした“お約束”は今でもいくつか語り継がれている。

左打者は左投手が苦手。では左投手は?

左打者はサウスポー(左投手)を苦手にしている。これも、語り継がれているものの一つであろう。

確かに、多くの左打者がそれを認めていることは事実である。ならばサウスポーは左打者を得意にしているのかというと、これは多くのサウスポーが否定する。これも事実である。

左打者はサウスポーが苦手。ところが、サウスポーも左打者を苦手にしているのである。

これは、左打者と対戦している時のサウスポーの様子をちょっと注意して見ていると、すぐわかる。まず、左打者を迎えると、腕の振りが鈍くなる。外角ばかり投げる。初球に変化球を投げなくなる。その代わり、次の右打者の初球はまず変化球。そんな傾向が見えてきたら、十中八九、そのサウスポーは左打者を苦手にしていると考えてよい。

左打者とサウスポーが互いを苦手にする理由はいくつかあるのだろうが、まず挙げられるのが、対戦機会が少なく慣れていないということだろう。

相手に慣れていないということは、正体がよくわからず、要するにどうしていいかわからない。相手がよくわからないという不安感は、人間にとって最も気持ちの悪いことである。

show_img (1)

イチローの登場以来、左打者は急増したが……。

イチローの出現以来、日本の高校野球には左打者が急激に増えた。その分、サウスポーが左打者と対戦する機会もどんどん増えているのだから、慣れる機会もどんどん増しているはずなのに、左打者を得意とするサウスポーが増える気配はない。

取材で高校野球の練習におじゃまする機会は多く、伺えばまずブルペンに足を運んでしまう私だが、考えてみると、打者(人形でもよい)を左打席に立たせてピッチング練習をしている光景を見た記憶はない。

実戦になれば、無人の打席に向かって投げることなど絶対にないのに、練習ではほとんどの投手が打席を無人にしたまま投げている。実戦ではあり得ない状況でいくら練習したところで、それはあくまでも擬似体験でしかなく、本質のところで練習になっていないのではないだろうか。

140kmを打つために、150kmのマシンは必要か。

「140kmの投手を攻略するために、150kmのマシンで練習してきました」

高校野球の現場でよく聞く話だ。これは私感なのだが、この話、敗れた監督の談話の中に多く出てくるような気がしている。

以前実際に、強敵との対戦を翌日に控えたチームがそうした練習をしている場面に立ち会ったことがある。

マシンから飛び出してくる150kmは、実は200kmあるのではないかと思うほど怖ろしく速く、その猛速球を自分のフォームとタイミングでバットの芯にジャストミートさせることの出来る選手はほとんどいなかった。

スポンサーリンク

振り遅れた力のないゴロの打球と、ボールの下をこすった低いフライがフラフラと飛び交うだけ。イメージ通りの打球を打ち返せない選手たちの表情にいら立ちがつのっていく。

明日の決戦に備えて前向きの感覚を体に刷り込んでおきたいはずなのに、失敗体験を重ねるだけに終始してしまっていたのが残念だった。

思うに140kmを打ち崩すには、130kmを8割方ジャストミートで弾き返す練習を重ねるほうがよい。

自分のフォームとタイミングを確かめながらジャストミートを繰り返す。つまり、「成功体験」を体に刷り込んでいくことで、果敢に強敵と戦う闘争心や勇気がチャージされていく。私はそちらのほうに期待したい。

日本ハム・大谷翔平と対戦するチームが、試合前に160kmのマシンで練習しているわけではないのだ。

thumb-nikkansp-20141112-11120107-sports

生身の人間がやる野球に、絶対のセオリーはない。

とても印象的だった場面がある。

0-3で負けていて、確か6回。1死一、三塁とさらに点差を離されるピンチで、監督が内野手たちに深く守るようにベンチから指示を出した。

ちょっと待て……。

すでに後半。ここで1点追加されて4点差にされたら、この後の反撃がきびしいだろうに。ここは、浅く守って三塁走者の本塁突入をなんとしても阻止しなければ……。

スタンドで見ていた私はそう思った。事実、“セオリー”なら、そうだったはずだ。

結果は、セカンド正面に強いゴロが飛び、4-6-3のダブルプレーで追加点を阻止した。

試合は8回、9回に計6点を奪い取って逆転で決着がついた。

「前で守らせて、選手たちに4点差は取り返せないんだと思わせたくなかった。たとえ1点取られても、キミたちは4点差だってひっくり返せるんだよ。あの深い守りの指示は、私からのそういうメッセージとして出しました」

激闘の逆転劇が終わって、監督はそんな表現で私の安易なセオリーまでひっくり返してくれた。

「ここはこうするものだ。先人の多くがそうしてきたことは正しいのだ」

それがセオリーというものだとして、ほんとのところはどうなんだ?

そこを考えるのが、野球のいちばん面白いところなのではないか。

野球の主役が生身の人間たちである以上、セオリーに絶対はないのである。

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼