スポラバ

『仙道彰』と『流川楓』才能に溢れた2人はどちらが将来有望か?



http://spo-lover.com/?p=2747

人気バスケマンガのスラムダンクの中でも上位人気キャラの「仙道彰」と「流川楓」、この二人のライバル関係は面白く、二人ともかなり才能のある選手達として描かれています。

 ここでこの二人の将来性について比較してみた♫

仙道彰プロフィール

 

29933989

陵南高校2年。190cm79kg、背番号7。FもしくはPG。
陵南が誇る天才オールラウンドプレイヤー。神奈川ベスト5。
コート上では天才だが普段は結構抜けている。非常にマイペース。
チームメイト、監督から絶対の信頼を寄せられている。 
名言
「まだあわてるような時間じゃない」
「さあいこーか」
やっぱ勝負はこうでなくちゃいかん」

 

流川楓プロフィール

 

1138cdaf9e4

 

湘北高1年。187cm75kg、背番号11。SF。 中学時代はスタープレイヤーとして多くの高校から誘いを受けたが、「家から近い」という理由で弱小の湘北高校へ入学。
非常に高いオフェンス能力を持つ。身体能力も非常に高いが、まだ1年生故スタミナが足りず(他と比べて特別スタミナがないという程ではない)、1試合すべて全力でプレーする事が出来ない事が弱点。精神的にタフで、緊張とは無縁。無口で無礼な態度をとるため、目上の者から生意気だと反感をかうこともしばしば。
名言
どあほう」
オレもアメリカに行くよ。今日・・・・・・。ここでお前を倒して」
「行くもっと上手くなりたいただそれだけす」
1つ教えてやるぜバスケットは算数じゃねぇ」

 

仙道彰と流川楓の才能

作中では、流川はまだ1年生で、発展途上という感じです。スタミナの無さや、個人義中心のプレー、ディフェンスもオフェンスに比べると劣る等、弱点も描かれています。

一方、2年生の仙道は、オフェンスの鬼、流川に勝るとも劣らない1on1の強さ、パス、ディフェンス、スタミナ、リーダーシップ等、流川を全てにおいて上回っている感じで、ほぼ完成されています。

流川が仙道より上回る点

流川が仙道より上回る点は、おそらく、ジャンプ力とスリーポイントシュートでしょう。

ジャンプ力に関しては、海南戦で、流川が牧のブロックをかわして、なおかつダンクした時、仙道も驚いてました。

彦一が、桜木花道と流川のジャンプ力に関して、「県内一、いや全国でもあれほど飛べる人はおらんのとちゃうか。」と言っています。

又、初期の頃、流川はジャンプボールで、身長が10cmも差のある赤城と互角でした。

そしてその赤木も、身長差が5cmある魚住と互角以上です。

ということは、流川は、身長差が15cmもある魚住とも、互角以上の高さということになります。

ということは、仙道よりもジャンプ力は上でしょう。

又、スリーポイントシュートですが、流川は、わりと自信を持ってスリーポイントをよく決めています。

一方仙道は、陵南対湘北でも、仙道がスリーポイントを打ったことに対し、流川が意外そうな顔をしていたのと、入った時に仙道がほっとしたような顔をしていたことから、流川ほどスリーポイントに自信を持っていなそうです。

スポンサーリンク

流川と仙道の将来性

ec818d9a (1)

 

さて、肝心の将来性ですが、単純なバスケの才能では、仙道が上かもしれません。仙道は天性の才能がある感じです。流川は、努力の人という感じです。

しかし、将来性があるのは、流川な気がします。

流川は、バスケのことしか考えていません。学校が始まる前に朝から練習し、部活の後も練習しています。

授業のことは全く考えていないようです。黄色い声援にも全く興味を示しません。

何事も一流になる人は、そのことだけを考えていて、それ以外のことが全く頭に入らないので、変人のように思われます。流川は、まさに変人がかってます。

こういう人が、サポートしてくれる人を見つければ、鬼に金棒でしょう。安西先生の指導の元で、今後どんどん延びていきそうです。

一方仙道は、試合の日に平気で寝坊したり、練習をさぼって釣りに行っていて魚住に怒鳴られたり、流川ほど、バスケに対するこだわりはなさそうです。

そう考えると、将来仙道がそこまでバスケに打ち込むかは、未知数。

二人とも将来、BJリーグ、NBAと行きそうですが、流川の方が良い結果を出しそうな気がします。

 

http://spo-lover.com/?p=2747


 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼