スポラバ

【伝説の野球選手マイケル・ジョーダン!?】あのバスケの神様がMLBに本気で挑戦していた時の貴重動画☆



バスケの神様、NBAレジェンド『マイケル・ジョーダン』

enterbay-hd-masterpiece-1-4th-scale-michael-jordan-action-figure-1

 
1990~1991シーズン、1991~1992シーズン、1992~1993シーズンに
シカゴ・ブルズが最初の3連覇を果たした1993年に突如、NBA引退を表明し世界中を驚かせた。

その後、・・・

MLBへの挑戦を決意しシカゴ・ホワイトソックスのAAマイナーチーム(バーミンガム)に入団した。
(父を失った影響が大きく、父の夢でもあったプロ野球選手の挑戦を決意したそうです)

 

Michael-Jordan-Baseball

 

 

練習の様子▼

 

スポンサーリンク

残念ながら、メジャーに昇格はできなかったものの
127試合に出場し、436打数 88安打 本塁打3本 51打点 30盗塁とチームに貢献した。
盗塁数が多く、足を生かしたプレーを積極的に行っていたように感じます。

盗塁30はすごい!3ホームランを打ち、打点もチーム4位で、充分戦力になっていたのがわかる。
身体能力の高い人は何やってもすごいのだ。

さらにこの年の秋季リーグでは2割5分2厘の打率をマーク。
実際結構評価されていて、翌95年はAAAでプレイすることが決まっていたらしいし、
秋にはメジャーに昇格するんではないかと思った人もいたようだ。

 

 

ホームランシーン▼

 

ところが、94年途中からMLB選手会はストライキを実行、シーズンは打ち切りとなった。

e27615af10212bbb88a63c55895fe53097ace238.42.1.12.2

 

色々な文書を見ると、ほんとに朝から晩までバットを振り続け、懸命にプレイしたらしい。

個人的にはあと何年かはプレイしてほしかった。
ちょっとくらいはメジャーの試合にも出られたかもしれないって思ってしまう。

つくづく惜しいところである。

こういう選手が存在したという懐の深さは

「やっぱりアメリカをなめちゃいけない」と思わされるところでしょう。

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼