スポラバ

MLB公式サイト「スーパースターになりうる」と分析。大谷(日ハム)が現時点で渡米すれば日本人最高額はほぼ確実!? 



田中将大の7年総額1億5500万ドルを上回るという衝撃の評価

侍ジャパンの一員として日米野球を戦った大谷翔平投手(日本ハム)が現時点でポスティングでのメジャーに挑戦した場合、昨年楽天からヤンキースに移籍した田中将大投手の7年総額1億5500万ドル(約180億円)という大型契約を上回る条件を手にできると、MLB公式サイトが特集で分析している。

 

MLBに衝撃的なインパクトを与えた登板動画

大谷は18日の第5戦に先発。MLBオールスターチーム相手に4回を投げ、7奪三振2失点という内容で降板した。

日米が注目する右腕に関して特集では「20歳にして、彼は日本最高のピッチャーの1人で、最も有名な投手でもあるようだ。もしも、このオフに米国に渡るとすれば、彼の契約はヤンキースが昨冬、25歳の田中将大に与えた7年1億5500万ドルの条件をほぼ間違いなく凌駕するだろう。不確定要素を除けば、大谷はいつの日かメジャーリーガーになる。彼はスーパースターになりうる」とそのポテンシャルを絶賛している。日本人史上最高額で契約を結んだヤンキースのエースをも凌ぐ大型契約を現時点で手にできるというのだから、大谷に対する評価は圧倒的だ。

一方、花巻東高卒業時にメジャー行きを一時決意していた大谷は通訳を介して、「将来的には、可能なら(メジャーで)プレーしたいと思っています。でも、今すぐは決断できません。今はファイターズのためにプレーすることに集中したい。まずは日本で結果を残したいです」と語っている。

 

スポンサーリンク

 

「大谷は異様なまでの身体能力を誇る」

特集ではプロ1年目の3勝無敗、防御率は4・23、2年目の11勝4敗、防御率2・61という成績も紹介。大谷のピッチャーとしての価値を高める要素として、「年齢的に若いころから多くの登板による負荷を腕に与えている多くの日本のピッチャーと異なり、大谷は2年間で217イニングを投げただけだ」とも指摘している。

また、打者としての能力も「長打力を誇る外野手としてもアルバイトしている」と説明。プロ2年間通算438打数で打率2割5分7厘、13本塁打という成績と、身長193センチ、体重90キロという恵まれた体格にも触れ、「大谷は異様なまでの身体能力を誇る」とまで称えている。

この二刀流に関しても、本人はコメントを残しており、「最初は(MLBに)行きたかったけれど、自分自身で決めたこと。ファイターズは僕を二刀流にしてくれた。打者とピッチャーを両方できるのは僕にとってすごく魅力的だった」と話している。

さらに記事では、日米球団のスカウトの間では、大谷が日本ハムと契約時にメジャー挑戦の際には協力を惜しまないという合意事項が盛り込まれたとする見方が主流を占めていることも指摘している。

日米ともに大谷の底知れぬ潜在能力を目の当たりにした今回のシリーズ。次代のエースへの注目はさらに高まる結果となった。

 

 

※著作権その他の権利を有する記事コンテンツは、フルカウントで配信されたものです。





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼