スポラバ

【NBA現役最強ポイントガード】『クリス・ポール』の驚異的なボールハンドリング能力は神レベル!!



 

卓越したボールハンドリングと、並々ならぬ勝利への執念によって、NBAの歴史に名を残すポイントガードといえる
ひとことで表現しますと、”ボールを奪われない”男!を紹介しよう。

クリス・ポール
1985年5月6日 –
NBAのロサンゼルス・クリッパーズに所属するポイントガード
現NBA選手会会長。(2014)

 

身長 183cm
体重 79.9kg
足のサイズ 29.0cm

タイトル
新人王:2006
アシスト王:2008,2009
スティール王:2008,2009,2011,2012,2013
オールスター出場:2008,2009,2010,2011,2012,2013
オールスターMVP:2013
オールNBAチーム
1stチーム:2008,2012
2ndチーム:2009
3rdチーム:2011
オールディフェンシブチーム
1stチーム:2009,2012
2ndチーム:2008,2011
オールルーキー1stチーム:2006

プレースタイル

ゲームの流れを正確に把握し、チームの方向を的確にコントロールする正統派PGのひとり。若くして強力なリーダーシップと鮮烈な能力を発揮する司令塔。
ポールはアシスト能力に長けた優秀なパサーでありながらも、スピードとクイックネスを武器にして自らも得点できるスコアラーである。ボールハンドリング能力に秀でており、愛らしい顔つきからは想像できない驚異的なプレーを繰り出す。
身長183cmとNBA選手としては非常に小柄だが、アリウープなどの豪快なダンクシュートを決める身体能力をもつ。

 

試合中に相手ディフェンダーの股を抜く、股抜きドリブルも披露してますし、ビットウィーン・ザ・レッグを使ったフェイクも試合中に魅せてくれます。かっこいい!

 

 

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼