スポラバ

球速151キロのイチローのレーザービームは衰えていない! まだまだMLB最高級の肩☆



その強肩は、すでに伝説となったのだろうか。
マーリンズに移籍が決まったイチロー外野手がメジャー1年目の2001年に見せたレーザービーム送球が、改めて注目を浴びている。

  全米の度肝を抜いたイチローの“レーザービーム”
 ボストンの地元ケーブル局NESN(電子版)が選ぶメジャー史上最高の補殺という動画コーナーでベスト5に入っており、しかもトップで紹介されている。

きっかけとなったのは、今年6月10日にアスレチックスのヨエニス・セスペデスがエンゼルス戦で見せたスーパープレーだった。同点の8回1死1塁、マイク・トラウトが放ったレフト線への打球をワンバンドで捕球しようとしたセスペデスは、グラブで弾いてしまった。しかし、ファウルグラウンドまで転がり、フェンスに当たって戻ってきたボールを拾うと、本塁へノーバンド送球。すでに3塁を回っていた一塁走者を刺した。

信じられないような強肩ぶりを披露したセスペデスのプレーについて、NESNは「外野手による史上最高の補殺のリストに入る」と主張。そして、すでに「リスト」に入っている5つのプレーの中で、真っ先にイチローの補殺が紹介されている。

日本の野球ファンならば、多くの人が覚えているプレーだろう。2001年4月11日のアスレチックス戦。4月2日にメジャーデビューを果たしたばかりのイチローは、8回1死1塁でライト前へのヒットを捕球すると、3塁へノーバウンドでストライク送球した。150キロは出ていようかという矢のようなボールで1塁走者のテレンス・ロングをアウトに。全米の度肝を抜いた。

 

メジャーにはとんでもない強肩の持ち主がいる

2番目に出てくるのは、ウラジミール・ゲレーロの強肩だ。エクスポズ時代のブルージェイズ戦で右翼を守っていたゲレーロは、右中間へのヒットをワンバウンドで取ると、ノーバンドで本塁まで送球。悠々と2塁走者を刺した。本塁までの距離を考えれば信じがたいプレーだ。ちなみに、ピッチャーは吉井理人だった。その送球は「キャノン」と呼ばれ、動画の解説では「元エクスポズの外野手は間違いなく彼の世代で最高の肩を持っていた」と絶賛されている。

 

 

3番目はアメリカンフットボールとの「二刀流」として知られるボー・ジャクソンの補殺。ヤンキース戦で右翼を守っていたホワイトソックスのジャクソンは、深い位置で飛球をつかんでから、ほとんどステップすることなく3塁へ送球し、タッチアップした2塁走者を仕留めた。3塁手の手前でショートバウンドこそしたものの、驚異的な身体能力を見せつけたワンプレーで、「ボー・ジャクソンは恐ろしいフットワークをフローズンロープ(鋭いライナーを意味する野球用語)で補う」と題名がつけられている。送球に備えて助走をつけたりすることなく、外野手としてはやや緩慢にも見えるステップからボールを投げたことが、強肩ぶりを余計に際立たせている。

 

 

4番目は昨年メジャーデビューしたヤシエル・プイグ。昨年のブレーブス戦で見せた補殺は記憶に新しい。1死1塁でライト前ヒットを猛然と前進して捕球すると、ほとんどテイクバックを取ることなく3塁へ送球。イチローを彷彿とさせるレーザービーム送球で一塁走者を刺した。こちらも驚異的な身体能力を持つからこそなせる技で、動画の解説では「ヤシエル・プイグはすべてのことをうまくこなせる。それには外野からのレーザースローも含まれる」としている。

 

 

そして、最後に登場するのはホセ・ギーエンだ。パイレーツ時代、右翼への大飛球をフェンス目前でジャンプして捕球しようとしたが、頭を越されてしまう。しかし、フェンスに当たった打球を素早くつかむと、ノーバウンドで3塁へ送球。トリプルを狙った打者を見事にアウトにした。これも距離からすれば考えられないスローイング。「ただこの送球を見てくれ。非現実的だ。ほかのコメントは必要ない」。動画の説明がすべてを物語っている。

 

 

すべての動画を見比べると、メジャーにはとんでもない強肩の持ち主がいることがよく分かる。ただ、日本中が熱狂したイチローのレーザービーム送球は、メジャーでも後世に語り継がれていくプレーだったことは間違いない。

⇒イチロー関連の記事はこちら

 

 


スポラバオフィシャルLINEページ作成しました♫
最新の情報をLINEでもお届けします〜★

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

 

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼