スポラバ

歩幅っエグい!3Pラインの外側からステップでシュートを決める『ヤニス・アデトクンポ』☆



http://spo-lover.com/?p=5187

その才能を開花させつつあるヤニス・アデトクンボを紹介したいと思います。

おそらくNBAマニアな方でないとあんまり詳しくしらないと思うのでまずはプロフィールを紹介しましょう。

 

アデトクンポ

ニックネーム:The Greek Freak(ギリシャ フリーク)
生年月日:1994年12月6日
出身地:ギリシャ、アテネ(セポリア)
国籍:ギリシャ
身長:211㎝(昨年3㎝伸びたらしいです(笑)
体重:98kg
ポジション:G-F
ドラフト:2013年1巡目15位(ミルウォーキー・バックス)

ルーキーイヤーハイライト▼

 

ギリシャのユースチームでバスケットを始めたアデトクンポは
2012-13シーズンにはギリシャでプロ契約を果たします。

ギリシャリーグでアデトクンポの1試合平均のスタッツは
9.5得点, 5.0リバウンド, 1.4アシスト, 0.7スティール, 1.0ブロック
(26試合、22分間の平均プレイタイム)

そして2013年のNBAドラフト1巡目15位で
ミルウォーキー・バックスより指名を受けリーグ入りを果たします。

2013年のドラフト組はバスケット専門家から
あまり高い評価を受けていないそうですが、アデトクンポは毎月、別人になったかの如く成長を続けています。

NBA2シーズン目となるアデトクンポは
MVPクラスの選手になるのではないか?
そう感じさせるポテンシャルを持っています。

身長は211㎝と大柄ですが、ハンドリングスキルが非常に高く、
2014年のサマーリーグではHCのジェイソン・キッドが
アデトクンボをPGとしてプレイさせたほど。

今季のゲームを見ても、アデトクンポばボールを保持して
そのまま攻めるシーンが多く見られます。ファストブレイクで先頭を走れるだけの走力もあります。

11月28日に行われたピストンズ戦では
3Pラインの外側から踏み切って
ユーロステップからのレイアップを決めるという
人間業とは思えないプレイをしました。

 

そのシーン▼

 

 なんちゅう歩幅!

スローだとトラベリングにも見えるが、1歩目はドリブルを完全にピックアップする前のギャザー・ステップなので、NBAではバイオレーションにならない。また厳密に言えば、これはユーロステップではなく、ウィンドミル・クロスオーバーというテクニックだ。

また二十歳と身体能力もまだまだ伸びるはずなので
末恐ろしいプレイヤーになりそうですね!

 

 

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼