スポラバ

7つのチャンピオンリングを持つ、激熱クラッチシューター『ロバート・オーリー』はNBAで一番持ってる男!?



ロバート・オーリーはスーパースターと呼べる選手ではないかもしれませんが間違いなくNBAの歴史に名を残すクラッチシューターの一人です。NBA入りしてから引退までプレイオフに出場しなかったシーズンはゼロ。

オーリーは合計4つのチームでプレイし、マイケル・ジョーダンより多い(MJは6回優勝)7つのチャンピオンリングを持っています。

これは単に運よく、強豪チームを渡り歩いたという意味ではありません。ロバート・オーリーはどんなプレイヤーだったのか?

 

今回は彼にスポットライトを当てていきたいと思います。

 

フルネーム:Robert Keith Horry Jr.
ニックネーム:ビッグショットロブ
生年月日:1970年8月25日
出身地:メリーランド州
身長:208cm
体重:109kg
ポジション:SF

 

スポンサーリンク

オーリーは1992年NBAドラフトで全体11位でHOUロケッツから指名を受け、NBA入りを果たします。彼はそのキャリアで4つのチームを渡り歩くことになりますが、オーリーの運の強さを感じる出来事もありましたね。

スパーズ時代の元チームメイト、ティムダンカンが言うように
オーリーはシーズン中はボーっとしていてやる気なし、空気のような存在ですが
プレイオフの第4クォーター終盤に急にスイッチが入るプレイヤーでした。

 

 

ちなみにチャンピオンリングを7つもっているプレイヤーは1960年代のボストン・セルティクスが8連覇した時にセルティクスに所属していたプレイヤー以外ではオーリーしかいません。

優勝請負人というのはまさにこの事ですかね♫

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼