スポラバ

NBA史上最高のシューティングフォワードと呼ばれる『スコッティー・ピッペン』に存分にフォーカス☆



 

スポンサーリンク

 

スコッティー・ピッペンといえば、マイケル・ジョーダンと共にシカゴ・ブルズ絶対政権を築いたスーパースター。
史上最高のSFと呼ばれながらもチームメイトにマイケル・ジョーダンがいたのでどうしてもピッペンは過小評価される傾向にありました。

そんなスコッティー・ピッペンにフォーカスをしてみます。

スコッティー・ピッペン
生年月日:1965年9月25日
出身地:アーカンソー州ハンブルク
身長:203cm
体重:103kg
ポジション:SF
背番号 33(シカゴ・ブルズ 永久欠番)
ドラフト:1987年全体5位指名(SEAスーパーソニックス)

アメリカの大手メディアのUSA Todayの記事に『NBAで最も過小評価された7選手』というものがあります。
元NBA選手であるエディー・ジョンソンが解説をしているのですが、この動画でも第一位にランクされたのがスコッティ―・ピッペンでした。ジョンソンはピッペンをNBA史上で最も強烈なオールラウンドディフェンシブプレイヤーだったと評価しています。

1on1でのディフェンスはもちろん、チームディフェンスも文句なし。
動きの速いガードのプレイヤーを抑え込む脚力も素晴らしかったですね。

バスケットIQも極めて高く、フィル・ジャクソンも
『ピッペンはバスケットに関しては天才だった。』とコメントしています。

その高いバスケットIQと長い腕を活かしてピッペンはフォワードとしては極めて珍しいスティール王に輝いたこともあります。

 

PipBosh

 

▼それではピッペンの真骨頂である強烈なディフェンスを動画で見てみましょう。

 

ブルズが初めてチャンピオンシップを獲得した1991年のNBAファイナルロサンゼルス・レイカーズとの初戦。
マイケル・ジョーダンはレイカーズの司令塔、マジック・ジョンソンをマークすることになりオフェンス&ディフェンスでの負担が非常に大きくなりレイカーズに敗れてしまいます。そこでHCのフィル・ジャクソンはピッペンにマジックをマークさせる作戦をとりました。ピッペンはその期待に応え、マジックに思うようなプレイをさせずシリーズの流れを変えたと言われています。

pippen_magic_1991

 

ブルズはそのまま4連勝(第5戦ではピッペンはトリプルダブルの活躍)でチャンピオン獲得。
ジョーダンが1度目の引退をした期間もピッペンはブルズを引っ張りシーズン55勝を挙げる原動力となっています。
『ピッペンはジョーダンがいなければチャンピオンリングを欲しがらなかっただろう』なんて言われることもあるそうですが、逆もまた真なりジョーダンもピッペンがいなければ6度の優勝を果たすことはできなかったでしょう…。

 

▼こちらはピッペンのハイライトシーン

ブルズはフィル・ジャクソンHCのもと、トライアングルオフェンスというシステムでチームオフェンスを組み立てていましたが、その起点となるがピッペン。相手ディフェンスの状況を瞬時に判断し、最も適切なオフェンスを選択して指示を出す、さらには相手がトライアングルオフェンスを読んでディフェンスをしてるのを確認するとピッペンは自分だけトライアングルオフェンスのセオリーから外れた動きをして相手を混乱させるというプレイも行っていたそうです。もちろん自身の得点能力も高く、コートのどこからでも得点を取れました。

pippen1_091118

 

ただシュート自体はあまり得意ではなく(意外かもしれませんが)フリースロー成功確率のキャリア平均は70.4%とあまり良くありません。これがピッペンの唯一の弱点といえる点だと思います。
いずれにせよ、ピッペンはNBA50周年時に『50人の最優秀選手』の1人として選ばれているので、過小評価されているとは言い難いかも知れません。しかし、もしピッペンがブルズ以外のフランチャイズでチームの第1オプションとしてプレイしていればもっと高い評価を受けていたのではないでしょうか?

仮に全盛期のピッペンがレブロン・ジェームスにマッチアップしたらどうなってたでしょうね??





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼