スポラバ

【NBAキングのイジられる】『レブロン・ジェームズ』のフロップをネタに全米の若者間で大流行?おバカなお遊び『LeBroning』って何?



“キング”の愛称で親しまれる『レブロン・ジェームズ』は、2009~2013年の5年間の中でもMVPを4回受賞するなど輝かしいキャリアを積み上げ、圧巻のパフォーマンスと近年の実績から、マイケル・ジョーダンと度々比較されるNBA随一のレジェンドの一人です。

去年頃から「#LeBroning(レブロニング)」とタグ付けされた動画がソーシャルネットワーク上に多数投稿されているのをよく目にします。
どうやら「レブロニング」とは、レブロン・ジェームズがたまに試合でみせる「フロップ」行為をネタにしたものらしいのです。
学校やモールなどで通行人にわざとぶつかり、大袈裟に倒れ込むという、なんともおバカなお遊びです(笑)

ちなみに「フロップ」 とはバスケでの接触プレーの際に、大袈裟に倒れ込んで、ファウルをもらおうとする行為で、最近では罰金の対象にもなっています。

世界一のプレーヤーと称されるレブロンですが、一部では「キング・オブ・フロップ」なんて呼ばれることもあります。
レブロンがフロッパーかどうかについては賛否両論がありますし、こういった行為は多かれ少なかれNBAでは誰もがやっていることだと思います。
レブロンに批判が集まるのは、スター選手として目立つことに加え、「あんなにガタイがいいのだから今のファールで倒れこむまでの衝撃があるわけないだろう…」といったこともあるのではないでしょうか?(笑)

では、『Lebroning』の元ネタともなった、レブロンによるフロップ映像をご覧ください☆

 

▼LeBron James – Flop Highlights

 

こちらが今回ご紹介したい、愉快なアメリカ人たちによるLebroning の投稿映像です☆

▼Best Lebroning Compilation 2014 (Funny)

 

▼ちょっとプロっぽい人によるLebroning映像

 

上記のように、NBAを代表するスーパースターであると同時に、ファールを得るために大胆な演技をしまくることでも有名になってしまいました。。

2014年6月5日のMiami Vs San Antonio NBA Final Game 1にて、本当に膝の怪我なのか、はたまたお得意のフロップなのか真偽は不明ですが、人に抱えられ運ばれていくレブロン。

 

lobulon

 

 

 

loburen

 

これにも愉快なアメリカの人たちは即座に反応し、ネットを賑やかしています(笑)

以上、全米で流行しつつあったおバカなお遊び『LeBroning』特集でしたっ☆
よい子の皆さまはくれぐれも真似しないようにしてください(笑)

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼