スポラバ

2015年NBAオールスターのスタメン&ダンクコンテスト参加者の発表!!堂々たるラインナップにあっぱれ(動画つき)☆



2015年NBAオールスターウィークエンドは2月13日~15日にかけて
ブルックリン(13日、14日)とニューヨーク(15日)で行われます。

先日から投票の様子はお伝えていました▼

【NBA】2015オールスターファン投票は”レブロン・ジェイムズ”と”ステファン・カリー”がリード!

【NBA2015オールスター】ファン投票:中間発表でもレブロン・ジェイムズとスタファン・カリーがリード!! 

 

今回のオールスターで着用されるユニフォームはこちら▼

2015nbaall-staruniform

 

投票の方ですがウォリアーズのステフィン・カリーが初めてトップの得票数を獲得しました!今季の活躍からですと当然ですよね♫

stephen-curry_1lsq2lo66dxmp1p7st873pg15k

 

それではスタメンを!!

▼ウェスタンカンファレンス

ステフィン・カリー:PG(ウォリアーズ)

コービー・ブライアント:SG(レイカーズ)

※現在の情報ではコービーはローテータカフ(肩関節のインナーマッスル)断裂しているようなので
オールスター出場は微妙

アンソニー・デイビス:PF/C(ペリカンズ)

ブレイク・グリフィン:PF(クリッパーズ)

マーク・ガソール:c(グリズリーズ)

 

▼イースタンカンファレンス

ジョン・ウォール:PG(ウィザーズ)

カイル・ロウリー:PG(ラプターズ)

レブロン・ジェームズ:SF(キャブス)

カーメロ・アンソニー:SF(ニックス)

パウ・ガソール:PF/C(ブルズ)

レブロンは最多得票数でカリーに負けてしまいましたがそれでもイースタンカンファレンスの堂々のトップ当選。
カイル・ロウリーはオールスター初選出。今シーズンの活躍を見れば、当然の結果でしょう。またオールスターゲームが行われるニューヨークからカーメロ・アンソニーが選ばれています。ガソール兄弟が二人揃ってスタメン選出、直接対決が楽しみですね!

また、フォワード陣が東西で対照的な印象があります。

パワー&インサイドプレイの強いウェストのフォワード陣と
スピード&アウトサイドの得点力あるのイーストフォワード陣。

毎年のように点の取り合いになるでしょうけど,
どんなプレイを見せてくれるのか今からワクワクしますよね!

 

ダンクコンテスト

今回は14日土曜日の最終イベントとして行われる予定のスラムダンクコンテスト。
その参加者数名が明らかになったのでチェック!!

まずは昨年までの歴代チャンピオンをチェック♫
1984年-ラリー・ナンス(サンズ)
1985年-ドミニク・ウィルキンス(ホークス)
1986年-スパッド・ウェブ(ホークス)
1987年-マイケル・ジョーダン(ブルズ)
1988年-マイケル・ジョーダン(ブルズ)
1989年-ケニー・ウォーカー(ニックス)
1990年-ドミニク・ウィルキンス(ホークス)
1991年-ディー・ブラウン(セルティックス)
1992年-セドリック・セバロス(サンズ)
1993年-ハロルド・マイナー(ヒート)
1994年-アイゼイア・ライダー(ティンバーウルブズ)
1995年-ハロルド・マイナー(ヒート)
1996年-ブレント・バリー(クリッパーズ)
1997年-コービー・ブライアント(レイカーズ)
1998年-未開催
1999年-ロックアウトのため未開催
2000年-ヴィンス・カーター(ラプターズ)
2001年-デズモンド・メイソン(スーパーソニックス)
2002年-ジェイソン・リチャードソン(ウォリアーズ)
2003年-ジェイソン・リチャードソン(ウォリアーズ)
2004年-フレッド・ジョーンズ(ペイサーズ)
2005年-ジョシュ・スミス(ホークス)
2006年-ネイト・ロビンソン(ニックス)
2007年-ジェラルド・グリーン(セルティックス)
2008年-ドワイト・ハワード(マジック)
2009年-ネイト・ロビンソン(ニックス)
2010年-ネイト・ロビンソン(ニックス)
2011年-ブレイク・グリフィン(クリッパーズ)
2012年-ジェレミー・エバンス(ジャズ)
2013年-テレンス・ロス(ラプターズ)
2014年-ジョン・ウォール(ウィザーズ)

 

 

そして今回、2015年スラムダンクコンテストの参加者として明らかになったのは次の3選手。
いずれもNBA2年目の若手プレイヤー!!!

 

ヤニス・アンテトクンポ(バックス)

211㎝のアンテトクンポは今シーズン、ギリシャの怪物という
ニックネームにふさわしいプレイを見せています。
バックス躍進に貢献するプレイヤーの一人です。

関連記事▼

なんちゅう歩幅っw【3Pラインの外側からユーロステップステップでレイアップを決めるという超人的プレー】NBA”ヤニス・アデトクンポ”実はMVP級のポテンシャルじゃないのか!?

 

ビクター・オラディポ(マジック

オラディポは193㎝のSGながら試合中にもダイナミックなダンクを見せてくれます。
ファンにとっても小柄なプレイヤーのダンクをみると爽快な気分になりますよね。

 

メイソン・プラムリー(ネッツ)

プラムリーはアンテトクンポと同じ身長ながらダイナミックなダンカーとして名前が通っているわけではありません。
しかしながらプラムリーにはネッツのホームタウンブルックリンのファンの後押しがあります。
ゲーム中に見せるシンプルなダンクではなく何かクリエイティブなものを見せれくれるんじゃないでしょうか?
またティンバーウルブスのルーキー、ザック・ラビーンも参加する可能性が高いそうです。

 

 

オールスターゲームのワクワクしますし、ダンクコンテストも
誰が優勝するのか?どんなエグイダンクを見せてくれるのか?
楽しみですよね!

 

 

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼