スポラバ

【名門野球部】強豪校になればなるほどある過酷な青春。腐ることなく頑張り抜いた男たちの感謝と感動の話。想いが伝わり涙が止まらない…



2012年6月6日、瑞穂公園野球場で行われた大府高校と中京大中京高校の親善試合に密着した感動のドキュメンタリー映像です☆

この日の試合の主役は、両チームの3年生補欠部員たち。

大府高校は、公立高校ながら甲子園に幾度も出場している強豪校。
中には3年間1度も試合に出られなかった部員もいる厳しい環境の中で日々頑張ってきた彼らに花道を作ってあげたいと元監督の想いから行われてきた13回目の親善試合です。

一方、中京大中京高校は甲子園最多の優勝を誇る全国屈指の名門高校。
厳しい入部テストに選ばれた72名のエリート部員のうち、1軍に選ばれるのは約20名だけ。
選ばれなければたとえ3年生でも試合はおろか、実戦練習にも参加できないという。

試合2日前。
親善試合に出場する3年生たちには事前に1軍メンバー落ちが伝えられていて、それぞれに背番号が渡されていきます。

吹っ切れた笑顔を背番号を受け取り親善試合への意気込みを語る選手たちの中に、たった一人涙を堪えきれない中京大中京高校の部員がいました。
彼の名前は、鈴木大志くん。
実は彼、たった昨日まで1軍にいた選手でした。
2年生の秋にはレギュラーを獲得、しかし年明けから調子を崩し最後のチャンスだった遠征でもノーヒット。
背番号が渡されるわずか数時間前にメンバー落ちが知らされたのでした。
しかし、止まらない涙の理由はもう一つありました。

大府高校にもまた、ある人への感謝の想いを胸に、親善試合に挑んだ部員がいました。
彼の名前は、小野雄太くん。
恵まれた体格で長距離砲が期待されていましたが、最後の夏ついにメンバーに入ることは出来ませんでした。
3年間支えてくれた人への想いを抱いて、いざ打席へ向かう…。

 

 

甲子園の打席は夢と終わった男たちが、それぞれの想いを抱え挑んだ親善試合。
高校野球にかけた3年間を完全燃焼した2時間でした。
過酷な環境の中でも決して腐ることなく、仲間と共に青春を歩みきったことは彼らの人生の大きな糧となることでしょう。

複雑な想いを抱きながらも、一打一打に込められた彼らの気持ちを考えると涙が止まりせん。。
ホームランを打って、相手選手とハイタッチしている姿も最高に感動します。
 


 
メンバーに入れる人数は限れられています。強豪校ともなればメンバー外の部員の方が多いのが現実。
そこでメンバー、メンバー外のものが感謝し合い一つの目標に向かっている様子はなんとも言えないですね。

 

 

 

スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼