スポラバ

【今季MVP最有力候補】『ステファン・カリー』の血の滲むような努力!秘密特訓を覗き見☆



MBA最有力候補と言われメディアにも度々取りだたされるようになってきた『ステファン・カリー』
そこで今回は、カリーがどんな猛特訓に臨んできたのかをご紹介したいと思います☆

 

▼シューティング

負荷をかけた状態で、ワンドリブルからのシュートモーション。
ディフェンスを振り切りシュートに持っていくクイックネスを鍛えるための特訓のようです☆
今や誰もがカリーを“NBAのベストシューターのひとり”と認めていますが、当の本人はまだまだ満足していない様子です。

シンプルなプルアップモーション以外にも、ウェイトを付けたままのステップバックシュートなども練習しているみたいです!

 

▼接触プレーの特訓

カリーは身長191cm、体重86kgとNBA選手として体格的に恵まれているとは言えませんが、こうして可能な限りパワーを付けようとトレーニングに励んでいます☆

といっても、ただベンチプレスで筋肉をつけようというわけではありません。
カリーの筋力トレーニングは、ゴール下でファウルをもらいながらフィニッシュできる力を鍛え上げることに焦点を当てているようです。
今後、カリーがリーグ屈指のスコアラーに成長するためには「ドライブからファウルをもらってフリースローをもらう」というゲームを身に着ける必要があると散々言われてきましたからね〜。

ところで、カリーの最大の武器とえば、外からのシュートが印象的ですよね。
インサイドに切れ込んでフィニッシュ、もしくはファウルを誘いだす能力を毎試合で発揮できれば、カリーはディフェンダーにとって悪夢のマッチアップとなるプレーヤーに育つことでしょう☆

 

▼ボールハンドリング

デビュー当初は“生粋のシューター”という印象が強かったカリーですが、ポイントガードとしての役割も十分に担えるようになってきたのもこうした地道なドリブル練習の賜物のようですね☆

オフシーズンには、重いボールやウェイトを使ったドリルを数多くこなし、ボールハンドリングにさらに磨きをかけています☆

 

▼とにかくワークアウト

カリーはこれらのトレーニングメニューを、みっちり3時間ほどかけてこなしてきたようです。
カリーは「1日も練習を欠かしていない。体の調子は最高だと思う。より強靭で、より優れたプレーヤーになって、トレーニングキャンプに参加するつもりだ」と強い意気込みを語っています。

 


今後も、さらなる躍進を期待したいですね☆

⇒ステファン・カリーの関連記事はこちらから

 

 

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼