スポラバ

【NBA最強四天王センター】”100得点男”『ウィルト・チェンバレン』の凄まじさがわかる動画☆



あなたは、歴代NBAのベストセンターといえば誰を思い浮かべますか?


→アキーム・オラジュワン?

→シャキール・オニール?

→カリーム・アブドゥル・ジャバー?

 

・・・『ウィルト・チェンバレン』を忘れてもらっては困ります。

 

この4人は個人的にNBA歴代センターのなかで四天王だと思います!

誕生日 1936年8月21日
没年月日 1999年10月12日
身長 216cm
体重 125kg
ポジション センター
背番号 13(永久欠番)
キャリア
プロ
1958-1959 ハーレム・グローブトロッターズ
NBA
1959-1962 フィラデルフィア・ウォリアーズ
1963-1964 サンフランシスコ・ウォリアーズ
1964-1968 フィラデルフィア・76ers
1968-1973 ロサンゼルス・レイカーズ

今回は、ウィルト・チェンバレンの伝説のセンターっぷりが凄まじい大学時代の映像をご紹介したいと思います☆

チェンバレンは1960年代〜70年代前半にNBAを圧巻した怪物センターです。
バスケ好きな方なら誰でも名前ぐらいは耳にしたことがあるはずの伝説のプレーヤーです。

「100得点試合」や「シーズン平均50.4得点、25.7リバウンド」など、人間離れした数々の輝かしい記録を樹立した選手です。

 

ap620302055

そんなチェンバレンの大学時代のハイライト映像がとにかくすごい!
動画は20分とやや長めですが、コーヒーでも飲みながら、画面をフルスクリーンにしてのんびりと観てください(笑)

本当にチェンバレンという選手が、いかにチートな選手だったのかがよくわかる動画となっています。

 

▼背番号13番がウィルト・チェンバレンです。

 

一人だけやたらとでかいし、足が異様に速いですね(笑)

ダブルチームは当たり前、トリプルチームすらもろともせず、ゴール下を完全に制覇しています。

チェンバレンは、1959〜1973年までの14シーズンをNBAでプレイし、63歳(1999年)でこの世を去っています。

得点王7回、リバウンド王11回、シーズンMVP4回など、NBAの個人タイトルを総なめにしたチェンバレンですが、キャリアを通してビル・ラッセル率いるボストン・セルティックスという壁にぶち当たり、NBA制覇は2度にとどまっています。1971-72シーズンには、レイカーズの一員として米プロスポーツ史上最長となる33連勝記録を樹立しています。

 

▼NBA時代のハイライト

 

▼ウィルト・チェンバレンvs通算得点王カリーム・アブドゥル=ジャバー

 

 

まさにレジェンド!!

 

 

 

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼