スポラバ

【演技が過ぎる!!】『クリス・ポール』がハリウッド仕込みの大袈裟なフロップをかまし会場から苦笑いを誘う映像



2013年シーズンからNBAでは「フロップ」が罰則の対象となりましたが、フロッピング行為はなかなか減らない。

相手のファウルを誘う行為は効果的な戦略の一つかもしれませんが、あまりにひどいフロップがコールされるとゲームがしらけてしまいますよね。

2013年3月20日の対キングス戦で『クリス・ポール』がみせた演技は、ひどいを通り越して苦笑いするしかないレベルでした(笑)

第3Qの序盤、ディフェンスに戻ろうとしたポールが『デマーカス・カズンズ』と軽く接触する。
いや、接触・・・してないですね。
ポールがカズンズのお腹に軽く手を置いただけです(笑)
次の瞬間、ポールはまるでタックルでもされたかのように吹っ飛びます。

 

さすがに笛はならず…。
ポールが少し抗議する仕草をみせていますが、審判はまったく耳を貸していません。
あまりにもあからさまなフロップに、カズンズも「こいつ何やってんだ…」という表情を浮かべています(笑)

 

 

⇒こちらの記事もどうぞ
【NBAキングのイジられる】『レブロン・ジェームズ』のフロップをネタに全米の若者間で大流行?おバカなお遊び『LeBroning』って何?

 

 

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼