スポラバ

【速報】侍JAPN18U アジア選手権準決勝、劇的サヨナラ勝ちで明日決勝へ



images

野球の高校日本代表が参加するU18(18歳以下)の第10回アジア選手権大会第4日は5日、タイ・バンコク郊外のクイーン・シリキット球場で準決勝があり、予選1組首位の日本は予選2組2位の台湾に3―2で勝ち、6日の決勝に駒を進めた。

後攻めの日本は、3回1死一塁から浅間(横浜)が右中間適時二塁打を放ち、1点を先取。だが、5回に死球に2失策が絡んで2失点し、先発の高橋(前橋育英)は降板。2番手の小島(浦和学院)、3番手岸(明徳義塾)と無失点で継投。日本は9回、1死満塁から徳本(龍谷大平安)の三塁線を抜く2点適時打でサヨナラ勝ちした。

「人生初」というサヨナラ打の徳本は「めちゃくちゃうれしかったです」と笑顔。

決勝へ向け「絶対優勝したい」と力を込めた。

 

1
2
3
4
5
6
7
8
9
R
チャイニーズ・タイペイ 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
日本 0 0 1 0 0 0 0 0 2X 3
投手 勝利投手:岸(明徳義塾) 敗戦投手:林凱威 セーブ:
チャイニーズ・タイペイ 林凱威
日本 高橋(前橋育英)、小島(浦和学院)、岸(明徳義塾)
本塁打

 

スターティングメンバー
日本
1 脇本(健大高崎)
2 峯本(大阪桐蔭)
3 岸田(報徳学園)
4 DH 岡本(智弁学園)
5 香月(大阪桐蔭)
6 岸(明徳義塾)
7 栗原(春江工・坂井)
8 安田(明徳義塾)
9 浅間(横浜)

スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼