スポラバ

【栄光のゴール】NBAの一番最初にシュートを決めた『オジー・シェヒトマン』の記念すべき瞬間は見ておいた方が良いです!



2013年7月30日、NBAの歴代第1号シュートを決めた人物とされるオジー・シェヒトマン(オスカー・ベンジャミン・シャクトマン)が94歳でこの世を去りました。

 

シェヒトマンは1946-47シーズンにニューヨーク・ニックスでプレーした選手です。
1946年に設立されたNBAの第1試合目で最初のシュートを決めました。
NBA初とされる一番最初のゴールは、速攻からのレイアップ。

 

 

シェヒトマンは、1919年3月20日にニューヨークのローワー・イースト・サイドで生まれました。
子供の頃は本物のバスケットボールを買う余裕がなかったため、ぼろきれの布をテープで丸めてボールを作り、洗濯かごをゴールにして、友人たちとバスケを楽しんでいたそうです。

後にシェヒトマンは、ロングアイランド大学に進学し、米カレッジトーナメント「NIT」で2度の優勝を果たしました。

卒業後は複数のセミプロチームでプレーし、1946年のNBA設立(当時はBBA)と同時にニックスに入団。
シェヒトマンがNBAに所属していたのはわずか1年だけでしたが、そのシーズンは54試合に出場し、8.1得点、2.0アシストを平均した。

 

 

シェヒトマンは「ネイスミス・メモリアル・バスケットボール殿堂」には入っていないものの、NBA第1号ゴールの功績をたたえられ、「ニューヨーク市バスケットボール殿堂」や「ロングアイランド大学アスレチック殿堂」に選ばれています。

 

 

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼