スポラバ

【バスケの神に嫌われた?】『フェニックス・サンズ』の2ヶ月でブザービーター5発くらうなんて・・・



今季のフェニックス・サンズは、昨季に続きとてもエキサイティングなチームとなっています!
開幕前はチェニング・フライ移籍による戦力低下が懸念され、開幕当初もなかなかリズムに乗れていませんでしたが、12月半ばあたりから体勢を立て直してきている印象です。
ガードトリオが上手く機能し始め、モリス兄弟も順調に成長し、アレックス・リンも頼りになるビッグマンへと進化を遂げようとしています☆むしろ今季はさらに強くなった印象です。

・・・ですが。。
53試合を終えた時点で29勝24敗と、昨季の同時期(32勝21敗)よりも勝率が落ちています。
ウェスト上位チームの競争が激しすぎるのも1つの理由ですが、それ以上に勝てたはずの試合を土壇場で何度も逃してきたことが大きいと思います。

 

そのうちのいくつかは運が悪すぎるハートブレイク・ロスです。

▼12月8日、クリッパーズ戦 – ブザービーター

 

▼12月15日、バックス戦 – ブザービーター

 

▼1月23日、ロケッツ戦 – ブザービーター

 

▼2月2日、グリズリーズ戦

 

▼2月8日、キングス戦 – ブザービーター

 

いかがでしたでしょうか??
グリズリーズ戦での敗北やハーデンのブザービーターは仕方がないにしても、他の3つはバスケの神に嫌われたとしか言いようがないような・・・

 

 

1チームがここまで集中してブザービーターを食らうのは非常に珍しい気もしますね。
これらの負け試合が、シーズン終盤のプレイオフレースに大きく響いてきそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼