スポラバ

八重樫、壮絶に散る…ロマゴンに9回TKO負け



unnamed

 

「WBC世界フライ級タイトルマッチ」(5日、代々木第二体育館)

ボクシングのダブル世界戦が5日、代々木第二体育館で開催され、メーンイベントでは4度目の防衛を目指したWBC世界フライ級王者・八重樫東(31)=大橋=が壮絶に散った。プロアマ通じ無敗の怪物、ローマン・ゴンサレス(27)=ニカラグア=の前に9回2分24秒TKO負け。3回に左フックでダウンした八重樫は、9回にもダウンし、試合を止められた。

 

両目を大きく腫らした八重樫は試合後、「ハードパンチャーだけど、技術が超一流。ワンツーの後、3つ目が来て下がらされてしまう。勉強になりました」と、新王者をたたえた。

強敵を避けることなく勇気あるマッチメークに出た大橋秀行会長は「いい試合だった。これボクシングです」と一歩も引くことなく打ち合った愛弟子を称賛した。

ゴンサレスは母国の英雄アレクシス・アルゲリョに肩を並べる悲願の3階級制覇を達成。プロ成績を40勝全勝(34KO)に伸ばした。八重樫は24戦20勝(10KO)4敗。


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼