スポラバ

【速報】侍JAPAN18Uアジア選手権、韓国に競り負け連覇逃す 痛恨の守備ミス



images (17)
野球の18U(18歳以下)第10回アジア選手権決勝がタイ・バンコクのクイーンシリキットスポーツセンター1で行われ、野球日本代表「侍ジャパン」18U代表は、韓国に1−2で敗れて連覇を逃した。

日本は森田駿哉(富山商)が先発し、1回、2回を無失点に抑える。しかし3回表、ショート吉田有輝(履正社)の2つのエラー絡みで韓国に先制を許すと、さらに4回表、吉田に代わってショートに入った安田孝之(明徳義塾)のエラーから追加点を奪われる。韓国は無安打ながらも日本の守備の乱れを逃さず、序盤に2点をリードする。

反撃に出たい日本は中盤まで韓国バッテリーを攻略できずにいたが、7回裏に岡本和真(智弁学園)がライト前ヒットで出塁すると、その後2死一、三塁から岸潤一郎(明徳義塾)がレフト前にタイムリーヒットを放って1点を返す。しかし8回裏、1死二、三塁と絶好のチャンスを迎えるが、スクイズ失敗と韓国外野手の好守に阻まれ無得点に終わる。1点差のまま迎えた最終回、日本打線から快音は聞かれず、宿敵・韓国に競り負けた。

先発の森田は9回途中まで投げて被安打2、2失点(自責0)、と好投したが、味方のエラーに泣き、打線の援護にも恵まれなかった。リリーフで9回1死から小島和哉(浦和学院)がマウンドに上がり、韓国打線を無失点に抑えた。

スターティングメンバー
日本
1 浅間(横浜)
2 徳本(龍谷大平安)
3 岸田(報徳学園)
4 DH 岡本(智弁学園)
5 香月(大阪桐蔭)
6 岸(明徳義塾)
7 安里(沖縄尚学)
8 峯本(大阪桐蔭)
9 吉田(履正社)

 

1
2
3
4
5
6
7
8
9
R
韓国 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2
日本 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
投手 勝利投手:Um Sangback 敗戦投手:森田(富山商) セーブ:Jung Sunggon
韓国 Um Sangback、Jung Sunggon
日本 森田(富山商)、小島(浦和学院)
本塁打  

スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼