スポラバ

レッドブルさんの主催のマウンテンバイク大会がやっぱり「どこ走ってんねんw」と突っ込みたくなるほどぶっちぎり殺人的コースww ※プレーヤー目線の映像なんでど迫力です☆



毎度おなじみぶっちぎり「レッドブル」さん主催でチリので行なわれたマウンテンバイク(MTB)・ダウンヒルの大会「Red Bull Valparaiso Cerro Abajo 2015」

 

ヘルメットに取り付けられたカメラの映像は、民家の横にある階段を下りるところから始まる。これだけで自転車に乗らない人はドン引きかもしれないが、MTBはひたすら階段を下りていく。もちろん、少しでもバランスを崩せば無傷では済まないだろう。

 

ジェットコースターに乗っているかのような疾走感、冷や汗もののジャンプの連続、そしてギャラリーの歓声の中、MTBはコースを外れることなく走り続ける。

 

50秒過ぎには、このレースのために作られたであろうジャンプ必須の極悪レーンも登場。その後も住宅街を走り抜けていくが、こんな過酷な坂道に住んでいる人々がいることにも驚かされる。

 

▼臨場感ありすぎてちょっと酔います。。。

 

数々の難所を無事クリアし、最後の大ジャンプも決めてゴールにたどり着いた挑戦者。大会ではFilip Polc選手が3連覇を達成したが、そんな強者にさえ「クレイジーだよ」と言われてしまうほどの難コースだった。

 

 

→レッドブルさん関連の記事はこちら

→エクストリーム関連の記事はこちら

 

 

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼