スポラバ

【NBA】ウォリアーズ、『ステファン・カリー』が33得点、10アシストでブレイザーズを破り、39年振りの地区優勝!!



ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地24日、ポートランド・トレイルブレイザーズに
122対108で勝利。7連勝でリーグ首位の成績を58勝13敗とし、パシフィック地区優勝を決めた。

 

ウォリアーズは、ステファン・カリーが33得点、10アシストの活躍を見せるなど、
故障者続出のブレイザーズを容赦なく引き離した。地区優勝は、リーグ制覇を果たした
翌年の1975-76シーズン以来実に39年ぶり。

 

カリーは「みんな落ち着いている感じだけど、自分たちが成し遂げたことに誇りを持っている。
まだ残り11試合あるので、さらに向上するために、みんな集中しているんだよ。
でも今は全員がハッピーな気分だと思うよ」と約40年ぶりの快挙を喜んだ。

 

 
▼試合ハイライト

 

 

 
途中出場のアンドレ・イグダーラが21得点、ドレイモンド・グリーンが14得点、11リバウンド、
アンドリュー・ボガットが10得点、16リバウンドをマーク。2連戦の2日目ながら、チーム全体で
フィールドゴール(FG)を60.2%の高確率で決めた。

 

ブレイザーズは、デイミアン・リラードが29得点を記録。主力にケガ人が相次いでおり、
アキレス腱断裂で既にシーズン終了となっているウェズリー・マシューズに加え、
オールスターのラマーカス・オルドリッジが左手人さし指の突き指、先発フォワードの
ニコラス・バトゥームが腰痛、控えセンターのクリス・ケイマンが右肩の負傷で欠場。
これで5連敗となったが、ノースウェスト地区ではオクラホマシティ・サンダーに
4ゲーム差をつけ、首位を守っている。

 


『ステファン・カリー』が属する『ゴールデンステート・ウォリアーズ』の、今季大躍進のポイントでもある美しいスーパーボール回し特集☆

エグすぎ!『ステファン・カリー』完璧に3人に囲まれた状況からの・・スーパーフェイク&3Pシュート!  

→ステファンカリーの関連の記事まとめ

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼