スポラバ

41得点と17アシスト!!『クリス・ポール』が今シーズンのベストパフォーマンスで逆襲!!



41得点、17アシスト、5リバウンド、4スティール、
FG成功率61.9%、スリー成功率55.6%(5/9)、
フリースロー成功率100%、1ターンオーバー。

 

010614-West-NBA-Chris-Paul-PI

 

なんとえげつないパフォーマンス。。。

先日のウォーリアーズ戦の『ステファン・カリー』にアンクルブレイクされたうっぷんを返すかのよう。。。

 

→NBA『ステファン・カリー』が『クリス・ポール』に黒子のバスケの”アンクルブレイク”を喰らわせる!!!!

 

これは、現地1日のロサンゼルス・クリッパーズ対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦

クリス・ポールが記録したスタッツ。しかも敵地でのバック・トゥ・バック、19点ビハインドからの大逆転勝利。

17アシストでターンオーバーがわずか1つ。21本中13本のフィールドゴールと10本中10本のフリースローを沈め、
自己シーズンハイの41得点。

 

▼化物的活躍

 

試合は、ブレイザーズが折り返し地点で13点リードと主導権を握っていたが、第3Q終了直前にクリス・ケイマンがクリスポールを後ろから突き飛ばし、フレイグラントファウルを取られたことでゲームの流れは一変。クリッパーズは点差を7点に縮めて第4Qを迎えることができた。

 

 

 

第4Qに入ってからのクリッパーズは、CP3やJ.J.レディック、ブレイク・グリフィンらがスリーポイントを連続で成功させて試合をひっくり返し、残り時間3分までに29-11を展開してリードを11点に拡大。そこからブレイザーズの猛反撃を受け2点差にまで詰め寄られるものの、クリス・ポールがクラッチタイムのフリースローをパーフェクトで沈め、プレイオフのホームコートアドバンテージ獲得に向けた大事な1戦を勝ち取ることができた。

 

Q1 Q2 Q3 Q4
LAC 26 29 30 41 126
POR 33 35 24 30 122

 

この日のクリッパーズは、クリス・ポールの他に、レディックが25得点、グリフィンが24得点をマーク。この3人でチームスコアの7割以上にあたる90点を記録している。

これでクリッパーズは今季5チーム目となる50勝に到達!!

 

 

→NBA『ステファン・カリー』が『クリス・ポール』に黒子のバスケの”アンクルブレイク”を喰らわせる!!!!

→【NBA現役最強ポイントガード】『クリス・ポール』の驚異的なボールハンドリング能力は神レベル!!

→【NBA2014-2015年シーズン】ポイントガードランキング Top10【ESPN調べ】

→なんと35秒間でアリウープ3連発!!『クリス・ポール』&『ブレイク・グリフィン』のコンビ大技が冴えまくり!!!

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼