スポラバ

プレーオフへの執念!ペリカンズが首位ウォリアーズに価値ある勝利でウエスト8位に浮上!!



ニューオリンズ・ペリカンズが現地7日、本拠地で行われたゴールデンステイト・ウォリアーズとの試合に、二桁点差を跳ね返して逆転勝利。同時にオクラホマシティー・サンダーがサンアントニオ・スパーズに敗れたことで、約3週間ぶりにウェスタンカンファレンス8位へと再浮上した。

 

この日はエンジンのかかりが悪く、12点ビハインドで折り返しを迎えたペリカンズだが、後半に入ってからアンソニー・デイビスとオマー・アシックの連続得点をきっかけに猛反撃を開始。後半最初の6分間で19-6のランを展開し、一気に逆転に成功する。

 

そこから何度かリードチェンジを繰り返した後、ペリカンズの3点リードで第4Qラスト1分に突入。残り35秒でステファン・カリーにステップバックのクラッチスリーを決められ同点に追いつかれるも、デイビスとタイリーク・エバンスが4本中3本のファウルショットを沈め、ペリカンズは首位チームを相手にプレイオフ進出を左右する大事な勝利を手にした。

 

Q1 Q2 Q3 Q4
GS 27 28 23 22 100
NOP 19 24 36 24 103

▼アンソニー・デイビス、7日ウォリアーズ戦ハイライト

 

デイビスは40分の出場で21本中10本のフィールドゴールを成功させ、ゲームハイの29得点、10リバウンド、4ブロックをマーク。インシー・ポンデクスターは4本中4本のスリーを含む20得点を獲得し、勝利に貢献している。

 

ペリカンズがウォリアーズを破ったのは2012年4月以来初で、じつに3年ぶり。このままプレーオフに進むことができれば、第1ラウンドでウォリアーズとの対戦になるので、この日の勝利はチームにとって大きな自信につながるはずだ。

 

一方で敗れたウォリアーズは、カリーが25得点、9アシストを記録。この試合で5本のスリーポイントを沈めたことで、シーズン成功数記録更新まであと5本に迫った。他にはアンドリュー・ボーガットが8得点と9ブロック、ドレイモンド・グリーンが24得点、14リバウンドのダブルダブルをマークしている。
▼ステファン・カリー、ペリカンズ戦ハイライト

 

日に行われた2試合の結果、シーズン成績を42勝35敗としたペリカンズが、サンダー(42勝36敗)に0.5ゲーム差をつけてプレイオフ圏内入り。2チーム間のタイブレーカーは、シーズンシリーズを3勝1敗で勝ち越したペリカンズにあるため、サンダーは8位争いでいよいよ崖っぷちに立たされることとなった。

 

両チームの今シーズン残り試合は以下の通り。

ペリカンズ: グリズリーズ、サンズ、ロケッツ、ウルブズ、スパーズ
サンダー: キングス、ペイサーズ、ブレイザーズ、ウルブズ
対戦相手4チーム中3チームが勝率5割以下チームのサンダーに比べて、ペリカンズは5チーム中3チームがウェスト強豪チームと非常に厳しいスケジュールとなっている。

 

 

→NBAのまゆげ王子『アンソニー・デイビス』大爆発。尋常じゃない高さでボールをキャッチしてアリウープ!!
→【モンスタースタッツ連発!】オラジ2世とも噂される怪物『アンソニー・デイビス』の成長っぷりがすごい!スラムダンク隠れ最強キャラとも呼ばれる『山王 河田兄』っぽい?!
→『ステファン・カリー』3Pシュート8本、どれもパス受けてからのリリースが早すぎてディフェンスが意味ないという!!
→NBA『ステファン・カリー』が『クリス・ポール』に黒子のバスケの”アンクルブレイク”を喰らわせる!!!!

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼