スポラバ

『ティム・ダンカン』がNBA通算得点で『ケビン・ガーネット』超えで現役3位に!スパーズ11連勝で2位が射程圏内!



 

スポンサーリンク

 

サンアントニオ・スパーズが現地12日に行われれた試合でフェニックス・サンズを破り、連勝記録を11に更新。シーズン成績を55勝26敗として、ウェスタンカンファレンス2位に浮上した。

 

17-6のランで試合をスタートさせ一気に主導権を握ったこの日のスパーズは、第1Q開始1分から1度もサンズにリードを許すことなく、107対91で圧勝。ティム・ダンカンは25分の出場で11本中7本のシュートを成功させ、22得点、10リバウンドで今季32回目のダブルダブルを記録した。

 

 

この試合でキャリア通算25,959得点目を獲得したダンカンは、NBA得点ランキングでウルブズのケビン・ガーネットを追い抜き、歴代14位に浮上。現役選手の中では3位の記録となる。

 

▼キャリア通算得点現役選手トップ5

プレーヤー 通算得点
1 コービー・ブライアント 32482
2 ダーク・ノビツキー 28103
3 ティム・ダンカン 25959
4 ケビン・ガーネット 25949
5 ポール・ピアース 25899

またダニー・グリーンはサンズ戦の第4Q残り9分30秒に、シーズン通算191本目となるスリーポイントシュートに成功。1995-96年に“ザ・ライフルマン”ことチャック・パーソンが達成した190本を上回り、シーズン3P成功数でスパーズ球団新記録を樹立した。

これでスパーズは、過去24試合中21試合に勝利。2月25日にはウェスト2位から7ゲームビハインドだったが、そこから快進撃を続けて一気に順位を上げ、プレイオフ第1ラウンドのホームコートアドバンテージを獲得できるポジションまでたどり着いた。

 

今季最後の試合は、現地15日に行われるアウェイでのニューオリンズ・ペリカンズ戦。これに勝てば5位以内が確定し、同時にもしメンフィス・グリズリーズが13日のウォリアーズ戦もしくは15日のインディアナ・ペイサーズ戦のどちらかに敗北すれば、スパーズは2位シードを手に入れる。

 

 

→会場総立ち!!『ティム・ダンカン』の劇的決勝ブロックショット!!スパーズが3位に!
→【NBA昨期チャンピオンチーム】派手ではないがシブ強い『サンアントニオ・スパーズ』パス回しだけでディフェンスを破壊する驚異の組織力とは??
→【NBA開幕特集】去年の優勝チームのサンアントニオ・スパーズの今シーズンを要チェックやぁ〜!
 

 

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼