スポラバ

【NBAプレーオフ】20点差の大逆転劇!!露呈したペリカンズの若さ、そしてスリーとカリーの恐ろしさ



 

ゴールデンステイト・ウォリアーズは現地23日、敵地で行われたファーストラウンド
(7回戦制)第3戦で、ニューオーリンズ・ペリカンズに延長の末、123対119で勝利。
第4Qに20点差を追いつく逆転勝ちで、シリーズ3勝0敗とした。ステファン・カリーは
40得点、9アシストの活躍だった。

 

ウォリアーズは第3Qを終えて69対89と大量リードを許すも、第4Qでは39対19と
相手を圧倒。ペリカンズがアンソニー・デイビスのフリースロー失敗により4点差に
広げる機会を逸すると、チャンスをつかんだのはカリーだった。最初のシュートを
外したものの、味方のオフェンスリバウンドで得たセカンドチャンスを生かし、
起死回生の同点スリーを沈めた。

 

さらにカリーは攻撃の手を緩めず、オーバータイム開始直後にもスリーを成功させて
チームにリードをもたらした。その後、ペリカンズにもオーバータイム終盤に追いつく
チャンスはあったものの、デイビスによるドライブからのショットは大きくそれてしまった。

 

ウォリアーズはカリーのほか、クレイ・トンプソンが28得点、ドレイモンド・グリーンが
12得点、17リバウンドと活躍。チーム全体で22本ものオフェンスリバウンドをもぎ取り、
勝利を大きく引き寄せた。

 

一方、ペリカンズではデイビスが29得点、15リバウンド、タイリーク・エバンスが19得点、
8アシストを挙げた。ライアン・アンダーソンの26得点、ノリス・コールの16得点を筆頭に、
ベンチ陣が計58得点をマークした。

 

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼