スポラバ

『レブロン・ジェームス』と『ドワイト・ハワード』が超ロングシュート対決☆



 

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームスが、練習時に反対側のエンドラインから超ロング3Pショットを決めてみせた。

 

 

各メディアがこぞってジェイムスの超ロングショットを報道した数時間後、それを聞きつけたヒューストン・ロケッツのドワイト・ハワードも超ロングショットにチャレンジした。

 

 

ジェイムスがオーバーハンドでチャレンジしたのに対し、ハワードはアンダーハンドでショット。 難易度はアンダーハンドのほうが高いだろう。

 

なお、ショーバスケットボールで知られるハーレム・グローブ・トロッターズの選手が109フィート9インチ(約33.45m)というギネス記録を保有している。

 

 

マイアミ・マーリンズのイチローが練習でバックハンドキャッチを見せるように、プロスポーツで活躍する多くのトッププレイヤーは遊び心を忘れていない。

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼