スポラバ

マイケル・ジョーダンが死ぬほど負けず嫌いだったかわかるエピソード9つが凄すぎる!!!



http://tunadrama.com/blog/nine-examples-of-jordans-competitiveness/

5837dc6fba81e56c6f4a9cdd25b2062b-620x344

 

 

マイケル・ジョーダンは、どうして「バスケの神」と称されるほどのプレーヤーになることができたのだろう。
生まれ持っての才能、類まれな身体能力?それとも幸運の女神?
これらすべてが絶妙に重ね合わさったことは言うまでもないが、何よりも重要だった要素は、ジョーダンの持つ「競争心、闘争本能」にあると思う。

 

ジョーダンを知る者たちは、みな口をそろえてこう言う、「奴ほど競争心の強い男はいない」。簡単に言えば、究極の負けず嫌い。
こういった性格は、時として人間離れした努力、向上心という形を取ったり、またある時は相手の精神を打ちのめすサディスティックなトラッシュトークという形となって表に出る。

 

そんなマイケル・ジョーダンの人間離れした競争心がよくわかるエピソード9つ紹介したいと思います!

 
つづきはこちら

http://tunadrama.com/blog/nine-examples-of-jordans-competitiveness/

 

→伝説の『アイバーソン』VS『ジョーダン』の1on1対決! 会場もステンディングで大盛り上がり☆

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼