スポラバ

NBA2014-15MVPにウォリアーズ『ステファン・カリー』が選出!新たな伝説と時代の幕開けか!?



 

NBAは熾烈な争いの続くプレイオフ真っ最中ですが
先ほどレギュラーシーズンMVPの発表がありました。

大方の予想通り、受賞者はゴールデンステイト・ウォーリアーズを
リーグ最高勝率のチーム(67勝15敗)へと導いたステフィン・カリーが選ばれました。

NBAの歴史を見ても67勝以上を記録したのはわずか11チームだけです。

選ばれるべくして選ばれたといった感じでしょうか?

今回MVP候補として予想されてていたのは
・ステフィン・カリー(ウォーリアーズ)
・ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)
・レブロン・ジェームズ(キャブス)
・ラッセル・ウェストブルック(サンダー)
の4名です

 

 

ウォリアーズの選手がレギュラーシーズンMVPを受賞するのは、フィラデルフィアを本拠地としていた1959-60シーズンのウィルト・チェンバレン以来初となる。

 

 

 

 

カリーは1位票100票を含む合計1198ポイントを獲得。
カリーとMVPを争っていたジェイムス・ハーデンが936ポイント、レブロン・ジェイムスが552ポイント、ラッセル・ウェストブルックが352ポイント、アンソニー・デイビスが203ポイントを獲得した。

 

2014-15レギュラーシーズンMVP投票でポイントを獲得した選手は以下の通り。

またカリーは、歴代MVPの中で平均出場時間が最も少ない(32.7分)。今季のウォリアーズがあまりにも圧倒的だったため、第4Qをベンチで過ごす機会が多かったのが、その主な理由だろう。実際にカリーは80試合中20試合で第4Qに出場していない。

 

「身長・身体能力が足りない、ディフェンスが下手、ポイントガードじゃない、動きが遅い、脆い…」、こんなことを言われ続けていた時期もあったが、そのすべてをハードワークで跳ね返し、ここまでたどり着いた。

ステファン・カリーのこのMVP獲得は伝説の始まりにすぎない気がしている。

 

『ステファン・カリー』練習でスリーポイント100本中94本、77本連続成功の映像☆
NBA現役最強シューター『ステファン・カリー』と元NBA凄腕シューターの父とのシューティング対決がガチすぎる!!
 エグすぎ!『ステファン・カリー』完璧に3人に囲まれた状況からの・・スーパーフェイク&3Pシュート!  


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼