スポラバ

NBAプレーオフ、ヘッドバンドを復活させた『レブロン・ジェームズ』本領発揮の33得点の爆発でブルズに圧勝!!



クリーブランド・キャバリアーズは現地6日、ホームでのイースタンカンファレンス準決勝
(7回戦制)第2戦で、シカゴ・ブルズに一度もリードを許さず106対91で完勝。
レブロン・ジェイムスが33得点、カイリー・アービングが21得点をマークし、
シリーズを1勝1敗の五分に戻している。

 

ホームでのシリーズ初戦を落としたキャブスは、3月以来初めてトレードマークの
ヘッドバンドを着用したレブロンが序盤からエンジン全開。ブルズのディフェンダーを
置き去りにしながら果敢にゴールへアタックし、ホームでの2連敗スタートを阻止した。

 

第1Qに14得点を挙げたレブロンの活躍で序盤から22点リードを手にしたキャブスは、
第3Qに25点差にリードを拡大。そのまま危なげない試合運びで勝利をつかんだ。

 

ケビン・ラブ(肩手術)とJR・スミス(2試合出場停止処分)を欠く中、初戦と打って変わって
素晴らしいプレーを見せたレブロンは「チームは故障者で人手不足の状態だから、
自分がアグレッシブになる必要があった。普段の自分よりもさらにね。今日はチームの
勝利につながるプレーができてうれしいよ」と喜んだ。

 

イマン・シャンパートが15得点、ジェイムス・ジョーンズがスリーポイントシュート5本成功で
17得点、トリスタン・トンプソンは12リバウンドで貢献。トンプソンがラブの代役として
パワーフォワードのポジションに入ったことで、レブロンが本来のスモールフォワードに
戻ることができた。

 

一方、序盤の大量失点を挽回できずシリーズをタイに戻されたブルズは、
ジミー・バトラーが18得点、デリック・ローズが14得点、10アシストをマーク。パウ・ガソルは
11得点で第1戦から10点のマイナスと精彩を欠いた。

 

 


→『レブロン・ジェームズ』がプレーオフ試合前の練習でスーパーダンクを披露し相手を威嚇!!!
→プレーオフで初めてマッチアップした『デリック・ローズ』VS『カイリー・アービング』!!
→NBAプレーオフで元ダンク王者『ヴィンス・カーター』がこぼれ球を強烈なフォローダンクをかます!

 

 

スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼