スポラバ

NBAプレーオフの3ポイントシュート記録更新まで驚異的なスピードであと13本の『ステファン・カリー』



 

先日、ゴールデンステイト・ウォリアーズはメンフィス・グリズリーズとのシリーズ第6戦に圧勝し、1976年以来となるカンファレンスファイナル出場を決めた。ステファン・カリーはMVPに13本中8本の高確率でスリーポイントシュートを成功させ、その内の1本は第3Q終了ブザーと同時に反対側の3Pラインから沈めた約20mのスーパーロングショットだった。

▼その映像

 

ステファン・カリー:

「俺らはあんなショットを毎日練習してるのさ。嘘じゃないよ。俺らがウォーミングアップしてる時、ボールが飛びまくってるからね」

 

今季ポストシーズンのカリーは、記録的なペースで3Pを成功させている。カンファレンス・セミファイナルの6試合では26本のスリーを沈め、グリズリーズの合計3P数(25本)をたった1人で上回ってしまった。

 

さらに第1ラウンドのペリカンズ戦も含めると合計で46本(成功率41.1%)。わずか10試合の出場にして、2000年にレジー・ミラーが樹立した1シーズンのプレーオフ3P成功数記録(22試合で58本)の更新まであと13本に迫っている。

 

▼プレーオフ3P成功数記録Top10

プレーヤー 3P 3P% 試合数
レジー・ミラー
(2000年)
58 39.5% 22
レイ・アレン
(2001年)
57 47.9% 18
レイ・アレン
(2010年)
56 38.6% 24
デニス・スコット
(1995年)
56 37.1% 21
レイ・アレン
(2008年)
55 39.6% 26
ダニー・グリーン
(2013年)
55 48.2% 21
ダン・マーリー
(1993年)
54 39.4% 24
レジー・ミラー
(1995年)
54 42.2% 17
ポール・ジョージ
(2014年)
52 40.3% 19
ラシャード・ルイス
(2009年)
52 39.4% 24

 

カリーは今季プレーオフで1試合4.6本のスリーを平均。このペースを維持できれば、レジーを追い抜くのは確実だ。試合数によっては20~30本超えで更新する可能性もある。レギュラーシーズンに続き、カリーは前代未聞の新記録を再び打ち立てるかもしれない。

 

▼カリーの3Pダイジェスト

 

 

NBAにおけるスリーポイントシュートの重要性は年々増しつつある。

2014-15シーズンは、3pのリーグ平均が成功数/アテンプト数の両方で過去最多を記録。また現時点でプレーオフに残っているウォリアーズ、クリッパーズ、ロケッツ、ホークス、キャブスは、いずれもレギュラーシーズンの3P成功数がリーグトップ5位だったチームだ。

 

▼2014-15レギュラーシーズン3P成功数トップ5

チーム 3P成功数 3P%
ロケッツ 933 34.8%
ウォリアーズ 883 39.8%
クリッパーズ 827 37.6%
キャブス 826 36.7%
ホークス 818 38.0%

 

 

→保存版『ステファン・カリー』2014-15シーズン、286本のスリーポイントシュート総集編!!
→『ステファン・カリー』練習でスリーポイント100本中94本、77本連続成功の映像☆
→【NBAオールスター前夜祭】3ポイントコンテスト!『ステファン・カリー』が13本連続決める圧巻の優勝!!!

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼