スポラバ

NBAプレーオフ2015,イーストファイナル《キャブスvsホークス》おさえるべき5つの注目ポイント!



 

各シリーズとも下位シードが2勝1敗でリードし、番狂わせを匂わせまくっていた今季のプレーオフ第2ラウンドだが、終わってみれば昨年と同じく、イースト/ウェストのそれぞれ上位2チームがカンファレンスファイナルへと駒を進めることとなった。東西ともに1,2位シードがカンファレンス決勝に残った例は意外と少なく、過去30年では今回を含めて5回しかない(1986、2001、2005、2014、2015)

 

イースト決勝


ホークス(1)-キャブス(2)
日程 ホームコート
第1戦 5/20 アトランタ
第2戦 5/22 アトランタ
第3戦 5/24 クリーブランド
第4戦 5/26 クリーブランド
第5戦※ 5/28 アトランタ
第6戦※ 5/30 クリーブランド
第7戦※ 6/1 アトランタ

 

①戦歴

ホークス
シーズン成績: 60勝22敗
第1~2ラウンド: 8勝4敗(vs.ネッツ、ウィザーズ)
PO得点リーダー: デマーレ・キャロル(17.1得点)
キャブス
シーズン成績: 53勝29敗
第1ラウンド: 8勝2敗(vs.セルティックス、ブルズ)
PO得点リーダー: レブロン・ジェイムス(26.5得点)

 

レギュラーシーズン直接対決
ホークス3勝 – キャブス1勝
合計得点(4試合):ホークス(436点) – ウィザーズ(423点)
レギュラーシーズン直接対戦成績はホークスが3勝1敗。ただこの内の3試合は、キャブスがJ.R.スミス、イマン・シャンパート、ティモフェイ・モズゴフの3選手を獲得する前なので、あまり参考にならない。トレード後に行われた試合では、106対97でホークスが勝利している。

 

②スターパワーvs.チームパワー

キャブスとホークスは、プレースタイルがほぼ真逆なチームと言える。
今季レギュラーシーズンのキャブスは、アイソレーションプレーの回数でリーグダントツ1位を記録(合計993回、全ポゼッションの11.4%)。プレーオフでは、さらにアイソの頻度が15.8%に増えている。

 

③プレーのデータ比較(レギュラーシーズン)
キャブス ホークス
アイソの割合 11.4% 6.9%
1試合平均 12.1回 7.2回
FG% 40.6% 39.2%
ターンオーバー 8.6% 11.1%
シューティングファウル 11.7% 11.6%

(※FG%、ターンオーバー、シューティングファウルはいずれもアイソレーション時の数字)

 

一方のホークスはアイソレーションの頻度が低く、レギュラーシーズンとプレーオフの両方で6~7%程度。反対に、アシストによるフィールドゴールの割合は、リーグ首位の67.6%を記録している(キャブスはアシストからのFGが58.7%でリーグ13位)。またホークスはレギュラーシーズン82試合で、プレーヤーが30得点以上を記録したのがたったの1度きり(ポール・ミルサップの30得点)。対するキャブスは36回あった。

 

ボール回しからイージーな得点を挙げるのがバスケの理想的だが、キャブスがアイソレーションを多用してしまうのは仕方がない。何しろリーグトップ5の1 on 1プレーヤーが2人もいるのだから。

 

④アービングの怪我

ここがキャブスにとって最大の懸念材料。現在カイリー・アービングは両足を痛めている。それでもブルズとのシリーズでは1試合も休まずにチームに貢献していたが(特に第5戦)、明らかに怪我の影響がプレーに出ており、立ち上がるのが遅かったり、足を引きずったりする場面などもたびたび見られた。アービングの爆発的なオフェンス力は絶対に欠かせない。だがそれ以上に不安なのは、ディフェンス面だ。ただでさえディフェンスが得意ではない上に、足を怪我した状態で、オフボールの動きやスクリーンが激しいホークスのオフェンスにどこまでついていくことができるか。

 

ただ、セミファイナル第6戦の半分をベンチで過ごせたのと、カンファレンス決勝までに5日間の休息が得られたのは非常に大きい。アービング本人も「ホークスとの第1戦では絶対にプレーする」と明言しており、すでにフルメニューの練習をこなしているという。

 

⑤カイル・コーバーのスリーの調子

カイル・コーバーの調子がなかなか上がらない。レギュラーシーズンには49.2%を記録していた3P成功率が、プレーオフに入ってからは35%まで下落してしまった。この数字は、何とロケッツのジョシュ・スミスよりも下だ。

 

特にウィザーズとの第2ラウンドでは、1試合平均で7得点、スリー成功率28.6%(7.0本中2.0本)と低迷。ブラッドリー・ビールを振り切るのに苦戦したのも確かだが、オープンショットを外す場面も度々あり、レギュラーシーズンのパフォーマンスには追いつけていない。だが、たとえシュートが入らなくても、コーバーの影響力はやはり大きかった。コートを動き回るだけでディフェンスの注意を存分に引きつけ、追いかけてくるマークマンの体力を消耗させられる。ディフェンスでも、1.6スティール、1.3ブックを平均するなど、素晴らしい仕事をこなした。

 

▼このコーバーが見たい

 

 

→NBAプレーオフ2015,ウエストファイナルの《ウォーリアーズvsロケッツ》おさえるべき3つの注目ポイント!

→神様のイタズラ。NBAプレーオフ、あと0.1秒で天と地『ポール・ピアース』の幻のブザービーター!
→NBAプレーオフ、キング『レブロン・ジェームス』率いるキャバリアーズがブルズとの接戦を制し快勝し、イーストファイナル進出が決定!
 

スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼