スポラバ

NBA2014-15プレーオフ、イーストファイナル、キャバリアーズが敵地で2連勝、『レブロン・ジェームス』がトリプルダブルに迫る活躍!



 

NBAは22日、プレーオフのイースタンカンファレンス決勝が行われ、クリーブランド・キャバリアーズが94-82でアトランタ・ホークスを下し、シリーズ対戦成績を2勝0敗とした。

 

キャバリアーズは故障を抱えるカイリー・アービングが欠場したものの、シーズン最優秀選手に4度輝いた実績を持つレブロン・ジェームズがトリプルダブルに迫る30得点11アシスト9リバウンドの活躍をみせ、チームの勝利に貢献した。キャバリアーズではまた、膝の故障で欠場したアービングの代役を務めたマシュー・デラベドバが11得点6リバウンド4アシストを記録し、イマン・シャンパートが16得点、トリスタン・トンプソンは16リバウンド、ティモフェイ・モズコフが10得点を挙げている。

 

一方、イースト第1シードのホークスは、3ポイントシュートを26本中6本しか決めきれず、FG成功率も41.8パーセントに終わり、ホームで2連敗を喫した。ホークスはシリーズ初戦で負傷したデマール・キャロルが先発出場し、試合に34分間プレーしたが、後半にアル・ホーフォードとカイル・コーバーが負傷した。

 

▼ゲームハイライト

 

シリーズは第3戦から舞台をクリーブランド)に移す。シリーズの勝者は、6月4日から始まるNBAファイナルで、ウエスタンカンファレンス決勝を戦っているゴールデンステイト・ウォリアーズ対ヒューストン・ロケッツの勝者と対戦する。

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼