スポラバ

『ステファン・カリー』敵地で40得点でウエストファイナル3連勝!&プレーオフ3Pシュート成功最多記録を15年ぶりに更新!



 

23日、NBAプレーオフのウエストファイナル第3戦を行い、
第1シードのウォリアーズは敵地で第2シードのロケッツに115─80で圧勝。
シリーズ3勝目を挙げ、NBAファイナル進出に王手をかけた。

 

 

シーズンMVPのステフェン・カリーは7本の3点シュートを決めて40得点を稼ぎ、このカードはレギュラーシーズンを含めて今季7戦全勝。
カリーの今プレーオフでの3点シュート成功本数は64となり、レジー・ミラーが2000年に樹立したプレーオフシーズンの最多成功記録(58)を15年ぶりに更新した。ちなみレジー・ミラーよりも9試合少なくての記録だから凄まじい。

 

ポストシーズンでの40得点以上は3回目。今プレーオフでは1回戦の第3戦(対ペリカンズ=40得点)を含めて2回目で、30得点以上は4試合連続となった。

 

敗れたロケッツは3Qまでに31点差をつけられて完敗。ジェームズ・ハーデンは17得点を挙げたが、フィールドゴールは16本中13本を失敗し、点差が開いた第4Qはベンチにいたままだった。

 

 NBAのプレーオフでは0勝3敗からシリーズ(7試合制)を逆転したケースは過去116回で皆無。3連敗から3連勝してタイとしたケースもわずか3回しかなく、ロケッツは崖っ縁に追い込まれた。なおこのカードの第4戦は25日にヒューストンで行われる。

 

一気に4連勝か!?
第4戦はヒューストンで25日に行われる。

 

 


スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼