スポラバ

【NBA2014-15ウエストファイナル】背水の陣のロケッツ、ハーデンの爆発45得点で意地の1勝!!



 

25日、プレーオフのウエストカンファレンス決勝第4戦。
背水の陣で挑んだロケッツはホームでウォリアーズに128─115で勝利。
シリーズ対戦成績を1勝3敗とし、なんとか踏みとどまった。

 

▼ゲームハイライト

 

ロケッツは第1クオーターに45─22とウォリアーズを圧倒。
ジェームズ・ハーデンは45得点、9リバウンド、5アシストと爆発。ドワイト・ハワードも14得点、12リバウンドで貢献した。
ハーデンの30得点以上は今プレーオフでは5回目で、3Pシュートは11本中7本成功。
一度もリードされることなく逃げ切った。
ロケッツはレギュラーシズンを併せてウォリアーズに一度も勝っていなかったが、今季8戦目で初白星を挙げた。

 

▼ハーデンハイライト

 

シーズンMVPのステフェン・カリーは第2Qの6分すぎ、ロケッツのトレバー・アリーザの肩に乗りかかる形でコートに落下し、頭部を強打して一時ロッカールームに退いた。第3Q途中で復帰したもののシューティング・タッチは今ひとつ。31分の出場で23得点を稼いだが、勝機を見いだせないままに試合は終了した。ドレイモンド・グリーンが21得点、15リバウンド、ブロックショット5本と気を吐いたが、ロケッツの勢いが勝った。

 

第5戦はウォリアーズのホームで27日に行う。

 

 

→『ステファン・カリー』敵地で40得点でウエストファイナル3連勝!&プレーオフ3Pシュート成功最多記録を15年ぶりに更新!
→ NBA2014-15プレーオフ、イーストファイナル、キャバリアーズが敵地で2連勝、『レブロン・ジェームス』がトリプルダブルに迫る活躍!

スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼