スポラバ

NBA2014-15イーストファイナル,キャブス無傷の4連勝でファイナル進出決定!!



http://spo-lover.com/?p=9182

 

26日にオハイオ州クリーブランドでイースタンカンファレンスのの第4戦を行い、
2第2シードのキャバリアーズが第1シードのホークスに118─88で圧勝。4連勝でファイナル進出を決めた!
 

23得点を挙げたレブロン・ジェームズはヒート時代を含めて自身5年連続(通算6回目)のファイナル出場。
これは1957年から10年連続でファイナルに駒を進め、59年から8連覇を達成したセルティクス(ビル・ラッセルら8人)以外の選手としては初めて。

 

試合は序盤からキャバリアーズが優勢。膝の故障から3試合ぶりに戦列に復帰したガードのカイリー・アービングが22分の出場で16得点を稼げば、フォワードのトリスタン・トンプソンは31分で16得点11リバウンドをマーク。チーム一丸となって地元クリーブランドでシリーズを決着させた。

 
▼ゲームハイライト

 
▼レブロンの豪快なスラムダンク

 

ホークスは今季19連勝を飾り1月は17戦全勝。チーム史上最多の60勝(22敗)を挙げて東地区の第1シードとなったが、シューターのカイル・コーバーら故障者が続出し、東地区決勝では力を発揮できなかった。球宴出場のガード、ジェフ・ティーグは17得点をマークしたものの、同じく球宴に出場したセンターのアル・ホーフォードはわずか2得点。プレーオフでチームの得点リーダーだったディマーレ・キャロル(28)は第1戦で痛めた左膝の痛みに耐えながらのシリーズとなり、第4戦でも7得点に終わった。

 

就任2季目のマイク・ブデンホルザー監督が最優秀監督に選出された記念すべきシーズンだったが、本拠をセントルイスに置いていた61年以来となるファイナル進出を目前で逃す結果となった。

 

 





スポンサーリンク

▼「この記事を友達に自慢しよう」

▼「いいね!」を押して最新記事をいち早くゲットしよう!▼